夢の宇宙2006年07月29日 20時03分59秒

 なんと!
 宇宙へロケハン(取材)へ行く、夢を見た。
 わりと普通の飛行機で行つた。
 ビル街をすれすれに飛んだあげく、海の手前で落ちた気もするが、その後、バス!?に乗り換えたりしながら、間違ひなく衛星軌道上のステーションについた。どんな作品のためのロケハンなのかはよくわからなかつた。同行した人々も馴染みのない人たちだつた。
 まあ、とにかく着いたので、フロント!?へ出向いた。宇宙ステーションといふよりも旅館のやうだつた。ホテルでもない和風な感じだつた。
 宇宙ステーションには思ひの外、従業員が大勢ゐた。みんな、仕事で、宇宙に在住してゐるのだ。大変だなと思つた。
 みなは風呂へ行つたが、ぼくは着替へを用意してゐなかつたので、とりあえず一回部屋へ戻つた。フイルムを一本しか持つてゐなかつたことを悔しがりながら、一方、このステーション内は撮影自由なんだらうか?と悩んだ。宇宙ステーションは国営で、旅館のやうなフロントのムードとは相反して、厳しく管理されてゐるらしいのだ。まだ、観光地ではなく、自由に行き来は出来ないらしいのだ。さう思つて見れば、旅館めいた場所がある割りに、なんとなくさみしい感じもする。どことなく温度を感じないのだ。70年代の近未来SF映画のやうな、空気感が漂つてゐる。
 ともあれ、撮影の件は後でコーディネーターに尋ねてもらう(誰に聞いたらいいのか、管理者がわからないので、聞いてもらうつもりらしい)ことにした。
 フロントから部屋へ戻る時はどうしたのか解らないが、再びフロントへ戻るために、移動車(新交通システムみたいなものか)に乗つて、チューブの中を通つてゐた。チューブはステーションの外に出てゐた。この宇宙ステーションは建設中ではないと思ふが、白い鉄柱を無数に束ねて作られており、全体像がつかめなかつた。窓もない、入り口も見当たらなかつた。周りは真つ暗で、上も下もない。角度のせいか?地球も見えなかつた。このチューブは大丈夫なんだらうか?とやや不安になる。
 ぼくは、宇宙とか海の底が怖い。窓が破れたら息が出来ないのだ。当たり前だけど。
 そんな不安の中、いつの間にか移動車は街中!?を走つてゐた。雰囲気は、東京湾沿ひの埋め立て造成地。(しかも、今風ではなくてこれも70〜80年代の雰囲気だ。最近はどうか知らないけれど、その頃の湾岸の印象は夜になると、静かで立ち並ぶ団地が不気味なものだつた)時間はこれから夕方になるといふ感じだつた。仕組みは解らないが、空もあつた。
 国語の先生に声をかけられた(何故かはわからないが、その人がさう言つた訳ではないし、ぼくの知つてゐる先生でもないが、国語の先生と認識した)。
 アニメーション関係の人が取材に来てゐることは、宇宙ステーション内では知れ渡つてゐて、つまり、ここでは、すべての人が顔見知りであるからして、異邦人のぼくの素性はすぐに解るわけなのだ。
 そして、その先生は、以前『日本昔ばなし』のスタッフも宇宙に来たことがあるのだと話した。
 そうなんだ。と、不思議に思つた。

コメント

_ 走れ!コータロー ― 2006年07月31日 19時49分19秒

そのロケハンに同行したかったです。
結局、宴会場で飲んだくれるんだけど・・

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック