ちい散歩2006年08月01日 22時51分31秒

 最近気に入つてゐる番組。
 月〜金の午前中だが、月、火がいい。水曜以降は普通(?)の情報番組。
 ちい散歩とは地井武男が、散歩する番組なのだ。
 だいたい都内のどこかを2〜3時間ぐらいのコースで歩く。
 ゆつたりした雰囲気と地井武男のキャラクターでほのぼのと可笑しさが醸し出されていい。
 短い番組だが、風景に音楽だけが流れるシーンもあつて、ゆつたり感にこだわつた作りだと思ふ。
 そして最後に、地井さんが持ち歩いてゐる水彩道具で、印象に残つた光景を描いて見せる。これまた素朴な絵でいい。
 地井武男と言へば、ぼくは『野良猫ロックシリーズ』が浮かぶ。
 かっこよさとかっこわるさの際どい境界線。頼りになるのかならないのかこれまた微妙な線。チンピラが似合つてゐるが、にしては相当存在感がある。気になる奴なんである。あつた。
 野良猫ロックは5本あるが、もしかしたら2本ぐらいしか出てないかも知れない。でも、印象度は深い。さういふ役者である。
 お茶の間が似合ふやうになつたのはいつ頃からなんだらう?

 ついでに、テレビ番組の話。
 前にも書いたと思ふ好きな番組『グータン』が相変はらず面白い。
 篠原涼子がゐなくなつて、残念だつたが、新しく江角マキコと内田アナ?が加わり、年上(グータン史上最年長?)の江角マキコが、面白い。
 全シリーズでいろいろな内容を試行錯誤した結果、今、定着してゐるのは、女性3人が会つて食事をしながら、好き勝手なことをしゃべるといふ奴で、司会者3人(優香、江角、内田)が、交代で、一週づつ2人のゲストを迎へ行はれる。
 とにかく30分番組が凄く短く感じる。もつと見たいといふ感情もあるが、そこがいいのだと思ふ。もしも1時間番組になつたら辛いだらう。最近毎週見られないので、江角マキコの回を逃すと少し残念。(優香もだけど)しかし、これ、わざわざ録画してまで見たいとは思はないんだな。
 でもでも、テレビはそれぐらいがいいのではないかとも思ふ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック