華氏9/112006年08月06日 23時38分26秒

 見逃してたんで、またしてもTSUTAYAレンタルDVDで『華氏911』見る。
 ぼくは、2001年のあの日たまたまテレビで煙のビルを見た。なんだらう?と非現実的に見てゐたら、友人のTGOが電話をしてきて凄いことになつてゐると知らせてきた。今見てると答えるぼくの声が淡々としてゐたらしく、電話の先で、戸惑ふ感じがした。受話器を耳に当てているとき、丁度2機目が飛び込んできた。すでに煙が出てゐるといふことはその2機目以前に何かあつたわけだが、その時が、報道的に映像で再現される訳もなく、それは当たり前だと思つた。
 しかし、1機目の映像は後日見ることが出来た。たまたまニューヨークの消防士のドキュメントを撮つてゐたフランスのクルーがゐたのだ。アングルがベストなアングルだつた!?ぼくは気になつた。フランスのクルーがどうのかうの言ふつもりもないし、調べる能力もない。でも、その後、自演ではないかとの話題も出た。真実はわからない。ひとつだけ言へることは反対意見で、自国の人を犠牲にするやうな事を国がやるわけないではないか、だからそんな事ありえない。といふものがあるのではないか?(もちろん大勢の外国人もビルにはゐた)
 ‥‥‥残念ながらあると思ふ。
 イラク攻撃に際して、子羊たちの毛布生地氏が『民間人の被害は最小に押さえるやうにする』といふのを聞いたことがある。ニュースでだ。まあ、これは他国だけど、その言ひ草は到つて『普通』だつた。最小に押さえるといふことは何人かは犠牲になるといふことだ。当たり前のやうに語つてゐた。普通ぢやないと思ふが‥‥‥。

 さて、この映画は、題して9/11だが、アメリカ人の立場としてはつきりさせたい気持ちはあるやうだが、自演は思考の外だと思ふ。まあ、それはともかく想像以上に力作だ。これでもかといふ感じで負の面(ダークサイド?悪心?)を見せられて、なんともいたたまれない気持ちになる。これが、コメディーとしてしか認知されてゐないといふことにも、なんだか宙ぶらりんな気持ちになる。
 笑えるところなんか全然ない(笑いたくて見たかつたわけではないよ)数カ所苦笑するのみ、コメディーといふオブラートがいいのか悪いのか?マイケルムーア氏は良しとしてゐるんだらうが‥‥‥?

 とにかくヘビーです。会社名も次々に出てくるので、よく知らないとむつかしくもあります。濃いです。

 ところで、我ながらかなり無理があつたので‥‥‥。
 子羊(ラム)たち(ズ)毛布生地(フェルト)濁点が足りないよ。