夏休みの宿題2006年08月29日 22時55分06秒

 いよいよ追ひ込みです。
 といふか、なんだか夏だけにバタバタ(?)として、本当は半ばには終へるつもりだつたのだけれど、まだ引つ張つてます。いかんな〜。
 やはりここは幼い頃からの習慣で8月31日までにはきちんとケリをつけませう。と思つてゐたら、もうすでに始まつてゐる学校があるのですな。
 週休2日の影響ですかね。あまり感覚だけでもの申すのはいかがなものかと思ひますが、土曜半ドンといふのが魅力的だつたやうな気がするんですがね。週休2日で夏休みが短くなるのはどうなんでせう。
 まあ、大人になると選ぶ職種によつては週休2日どころか、年休2日。あるいは逆に2日しか働けないなど、泣かされることがたくさん待つてゐるかもしれませんから、今のうちに、堪能しておくのもありですか?堪能しすぎて大人の世界に順応出来なかつたらかなり不幸ですぜ子供たち。と、週休?のアニメ界からのメッセージ。
 まあ、そんなこんなでとにかくぼくの課題、最終回コンテ明日が正念場。

 上の絵は、いつもの下書き試し書きではなくて完成版!
 だけど、こんなブログに乗せてしまうといふことは没(ボツ)ですな。
 なんかこのコケシのやうなものが転がつて、玉々なものに乗つかつて止まる。って、そんだけのカットだけれど、なんですかね?これ?どこが気に入らなかつたのか?アングルですかね。これ、専門的にいふと、上のコマはフォローしてて(カメラがコケシの転がりと同時に移動する)地面に寝てゐる玉々がフレームイン(画面に現れる)して、丁度コケシが重なつて止まると同時にフォローも止まる(カメラも固定される)といふカットであります。上記の説明を映像化するには最安直手法と思はれます。だけど、さういふ問題だらうか?
 これ以外にも奥へスコ〜ンスコ〜ンと転がつて行くカットをボツにしてます。全くこれだけのカットの何をこだわつてゐるのか?つ〜か、そもそも、そんなもの見せたくなかつたのか?だいたい昨今の作品は見せすぎです。何もかも、昔はもつと見せないテクニックがうまかつた。アクション映画しかり、恋愛ドラマも、ポルノ映画も、アニメーションは子供の見るものだからなるべく親切には作らないと、と常々考えてゐますが、感性豊かな人間になるには見せたらあかん〜。見せたらあかん〜。と歌もあるぐらいですから‥‥‥。
 いやいやいや、でも、コケシが転がつて玉々と重なつて止まるなんてカットを見せずに理解させる手法があるのか!?いやいやいやいやいやいやいや、だいたいコケシが玉々で止まるなんてカット誰が見たがりますかね?
 って、まあ、その、この、そんな悩みもこの世の中にはあるのです。