水金地火木土天海迷2006年08月30日 22時07分52秒

 冥王星は8月24日を忘れない。
 こんなことなら最初から発見されなければよかつた。

 ま、そんな事は思つてゐないでせうが、情報といふものはつくづくファジーといふか、注意せんとなと思ふ。
 その数日、かいま見る?聞きかぢつたニュースの流れだけ追ふと、「新しい惑星が発見された。太陽系に惑星が2つ増える!」へえ〜、凄いな〜、まだあつたんだ〜。と、「一つ減らすことに決定した!」え〜〜!?増やす話ではなかつたの〜?ってなもんで。
 学者たちつてのは、面白いな〜。いい加減?
 なんて、思つてゐたら、もうかれこれ2年ぐらいそんな事を話してゐたらしいですね。といふことは、2つ増えるといふ情報はどちらかといふと、フライング?早合点?スクープのつもりだつた?
 そんなに焦ることもなかつたらうに。
 それとも、一度は決定したのかしら?
 だとすれば学者さんたちの気まぐれ?移り気?になつてしまうのだけど、ここはフライング説をとらうかな。

 ぼくはどうせなら増えてくれた方が楽しかつたなと思ふ。
 まだまだ遠くへ広がつてゆくんだと思ふと、それはそれでいいではないですか。まあ、学術に親しみなんか関係なのでせうが、水金地火木土天海冥が、水金地火木土天冥海になつてまた水金地火木土天海冥に戻つて安心してゐたところへ、何も除名!?されるなんてね。(まあ、実は入れ替はつた後、戻つたの知らなかつたんだよね。去年まで。まさか、そんなにはやく戻るとは思つてなくてさ、親しみもその程度かい!って)
 でもまあ、これからSF作品やるときに、太陽系の図とか考えなくてはね〜。
 何年頃の作品だかバレたりしてね。
 ここはこだわらずにたくさんの星の軌道を書くのがにぎやかでいいね。
 月でも惑星でも矮惑星でも、それから小惑星群?いつぱいあつた方がいいよ。楽しいもん。
 「矮」は英語だと「dwarf」のやうだね。