同名の怪人2006年09月26日 21時55分28秒

 つい先日、哲朗ではなく哲郎ですと書いた。
 同じ名前なので小さい頃から好きな俳優は丹波哲郎といふか、
 つづく。

 といふか、帰りが夜中になりさうだつたので、スタジオで出だしを書いてみた。

 つづき。
 好きといふか、なんか愛着があつた。
 同じ名前だからといふだけで、不思議なものだ。
 だけど、やはり、好みだつたのだらう。特別な感じだつた。
 「三匹の侍」では、子供としては長門勇が好きだつた。が、丹波哲郎は特別だつた。「キイハンター」では、あきらかに千葉真一がかつこよかつたが、それでも丹波哲郎は特別だつた。実際、クレジットに『特別出演 丹波哲郎』とされてゐる作品は多いのではないだらうか?何が特別なんだらう?
 「Gメン」になると実はもう見てなかつたが、もちろん特別だつた。
 生(なま)丹波哲郎を見たのは、エキストラ時代だ。
 まづは「ノストラダムスの大予言」
 夢の島のロケだつた。ゴミが燃えて煙が立ち上るシーン?
 どのやうな撮影がなされたかほとんど覚えてゐないが、避難せやうとする大勢が小さな船に押し寄せて「俺も乗せろ!こら〜!見殺しにする気か〜!」とか叫びまくるのをやつた気がする。いい気になつて、わめきまくつてゐたら『声は要らない』とか、指示が回つて来た記憶がある。ホントに撮影してゐたのかどうか疑問だ?背後ではゴミが燃えてゐるといふ設定で、スモークを焚きまくり煙がもうもうとしてゐた。
 そんな撮影の合間。
 どのやうな状況でそんな風になつたのか覚えてゐないが、煙は結構広がつてゐて、ぼくら避難民は、待ちの間「けむいけむい」と顔をしかめてゐた。そんな集団(エキストラオンリー)の中にいつの間にか丹波哲郎はゐて「この煙は身体にいいんだ」とわけの判らない演説を始めてゐた。みんな「まさか?」と思つたが喜んで聞いた。やはり特別だ。さすがだと思つた。
 もう一回はテレビシリーズの「大盗賊」といふのではなかつたかと思ふ。撮影現場は国際放映だつた。ぼくはどんな役で行つたのかは覚えてゐない。シーンは城の中だつた気がする。大名屋敷の中だつたか?丹波哲郎は、三行ぐらいのセリフを言つてゐたが、うまく言へず「ええい。言いにくい、これでいいだろ」と一行、いや八文字ぐらいのセリフに勝手に変えて本番を取つた。エキストラの先輩が「丹波さんはいつもああだ」と教えてくれた。やはり特別だ。さすがだと思つた。
 多分、生はその二回だけだと思ふ。

 つづく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック