どうかなあ?2006年09月30日 23時42分06秒

  スーチー([舎予]淇。[]内は合はせて一文字ね。日本の漢字では見当たらないのだ)の映画を借りて見る。
 まあ、ただタイトルが『慾女セクシャルリベンジ』なんで、借りるのにやや照れたりして。台湾映画だと思ふけど、英語タイトルは『IRON SISTER』(アイアンリーガーではない)鉄姐ちゃん!?(姉妹は出てこなかつたので、Hey!
Sisterとかいふ感じの表現だと思ふ)
 でね。『慾女』つて原題みたいなんだけど、『慾』とはどんな意味があるのであらう?ホントに原題なのかなあ?と、やや疑ひのまなざし。
 「三流篇」なんて失礼な予告がついてたけど、なかなか面白い活劇だつたぞ。

 スーチーファンにはかなりおすすめです。
 子供(女の子)を背負つて弓持つて走る!絵になるな〜。

 時は「日華事変」(今では「日中戦争」といふのか?)の頃?
 冒頭はとある駐屯基地?で始まる。そこには中国軍がゐて(知識不足で悩んだが、後で憲兵隊だとわかる)部下たちは「隊長はいいなあ」などと言つてゐる。隊長はテントで女性とお楽しみなのだ。しかし、突然「少佐が来た!」と大騒ぎになり、馬で駆けて来た少佐を止めやうと部下たち慌てる。少佐は迷ふ事なくテントへ直行。(どうやら隊長のお相手は少佐のおめかけさんなのか?)
 隊長と女性はテントの外へ飛び出し、少佐は隊長に切り掛からんとする。そのときに「ばかやろう!」と日本語!?が聞こえて、ああ、この少佐は日本軍(関東軍)なんだと判る。つ〜か、さういふことになる。見直したら日の丸もはためいてゐた。
 でもまあとにかく少佐はあつさり撃ち殺されてしまうんである。
 しかし関東軍の少佐を殺したとあつては一大事。隊長は逃げる。(ちなみにこの隊長、ろくな奴でないです。リベンジの相手)

 そして、どこまで逃げたのかよく判りませんが、狩猟の民(少数民族だと思ふ)に助けられます。それが、スーチーとそのお父さん。
 この狩猟民族は抗日ゲリラ(遊撃隊と言つてゐたか?)で、まあ、日本人としては主人公が抗日だと切ないものがあります。でも、歴史的事実ですから(三流篇に教えられるぜ!)
 さて、つまり、隊長さんは関東軍の手下な訳で(日本軍のピストルを持つてゐるので、微妙にごまかすシーンがある。理解不足のぼくは少々戸惑ふ)抗日ゲリラにとつては敵も同然です。
 そして、ってなぐあいに、勉強になる内容でもありました。

 スーチーはヒラメ顔にめくれ上がつた唇が(かう書くと全然美人に思へないけど)魅力的な女優さんです。またしゃべり方が特徴的。ハキハキしてゐるといふか、生きがいいといふか、蓮つ葉(ハスッパ)といふか、庶民的といふか、もう少しで下品といふか(これまた褒め言葉に思へない!?)とにかく存在感ありありで、実は演技がうまいんです。主に台湾、香港で活躍しとるのだと思ひますが、国際女優(「トランスポーター」<仏>)になるのも頷けます。(でも台湾映画「ミレニアムマンボ」が、いいの。もう三四回書いたか)

 それから、三流篇としてはどのくらい考証をしたのか不明ですが、弓と皮製の矢筒(矢袋?)古風な閂(かんぬき)など、興味を惹かれます。

 なんか3度ぐらいおいしい作品だと思はれます。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック