怖いもの見たさ2007年03月28日 21時12分45秒

 「怖いもの」といふよりも「嫌なもの」と言つた方が近いのだが‥‥。
 ぼくは映画好き、まあ、だいたいどんな映画でもOKなんだが、二度と見たく無い映画もある。前に書いたかも知れないが、今とりあえず3つ浮かぶ。
 ひとつはソーラバーチとキーラナイトレイ(カリビアンでヒットする前なんだけど、スターウォーズエピソード1にも出てたみたいね)が出てゐた『穴』といふ映画、これはもうなんか単純に不快で、キーラナイトレイが可愛さうで、もう見たく無い。
 もうひとつは、フランソワオゾンといふ実力派らしい監督の『クリミナルラバーズ』これはなんといふか、居心地が悪いといふか、鬱陶しいといふか、辛かつた。
 それで、突然だけど「見たく無い」と「もう見ない」は違ふな〜と気づく。『穴』も『クリミナルラバーズ』ももう見ないだらうが、フランソワオゾンの映画は、見るかも知れない。見たく無いんだけど、カトリーヌドヌーブが出てる奴が、あるんだ。選択を迫られるな〜。
 で、「二度と見たく無い」と思ひつつ、凄え映画だつたなと思ふのが『ファニーゲーム(FUNNY GAMES)』だ。単純にいふと連続殺人映画なんだけど、通常の映画を否定したやうな作りでね。(まあ、あきらかにハリウッド映画は完全否定だけど)怖いとか、そんなものではなくて、とにかく神経にくるんだ。後味が悪いなんて表現すらさせてくれない。通常の態度では見られない作品なんだ。でも、凄いんだ。困るんだかういふの。監督はミヒャエルハネケといふウィーン在住の人でね。『ファニーゲーム』は舞台はオーストリアか?湖畔の別荘地みたいな場所だ。でも、そんなことはどうでもいいや。せめてもの救ひはね、タイトルに『ゲーム』とついてゐるところと(だから怖いんぢやないかといふ意見もあるが)通常の映画は否定されてしまつたんだけど、登場人物が時折カメラを見ることか。(これも独特な不安感をそそるのだが)カメラの向こうで行はれてゐることですよ。と一応、逃げ場所を作つてくれてゐるのだと、好意的に解釈する。さうでないと辛すぎるんだ。
 と、まあ、観客にこんな思ひをさせるやうな映画を作る人の映画をね。
 なんだか、もう大丈夫だらうと(ファニーゲームは2001年に見た)、ぼくも少しは、強くなつたかも知れないし、あるいは暑さ寒さもなんとやらなのか?つい気になつてDVDを借りてしまつた。
 タイトルは『隠された記憶』フランス、オーストリア、ドイツ、イタリアの合作。舞台はフランスのやうだ。ダニエルオートゥイユ(ずつとロバートデニーロに似てゐると思つてゐてフランスのデニーロと読んでゐたが、この映画ではむしろスタローンの顔をしてゐた)と、ジュリエットビノシュが出てゐる。
 で、もう、なんつ〜か、またしても神経をギリギリと締め付けられたあげくダ〜ン!と、画面前から投げ出されてしまいました。ま、覚悟はしてゐたので、負けなかつた(?)けどね。
 でね。これで、トラウマを克服したからね!?
 別の見ちやおうかな‥‥怖いもの見たさだよな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック