貫禄な哀愁2007年04月06日 20時46分41秒

 お隣さんの猫。


 何度か紹介してゐるナツではなく、古株の『ゲンキ(元気?)』だ。
 この猫は泰然自若として、誰にもこびない。変に怯えない。基本的に完全無視だ。飼い主にさえむやみにこびたりしないらしい。
 数年前に2〜3ヶ月行方不明になつたが、無事戻つて来た。どんな旅をして来たのかもちろん不明だが、それから、重鎮度がアップしたのか?貫禄充分だ。

 ところで、数日前に紹介した本なんだが、毎日新聞に広告が出るといふので、毎日!?チェックしてゐるのだが、これが思ひの外、むづかしいのだ。
 我が家は、今とつてゐるのは読売新聞なので、図書館で、ペラリペラペラと広告欄をめくつてくるのだが、何故か(何故かと言つては失礼か)毎日新聞大人気。
 といふか、ここ二日、熱心に読む人がゐて、他の新聞と回転率がえらく違ふ。朝日も讀賣も東京もスポーツ系も少し待てば閲覧出来るのだが、毎日を読む人はしぶとい!じつくりたつぷりなめるやうに新聞を広げてゐる。前に座つて、ページをめくる時に広告欄が見えれば!と思つて陣取つたとしても、隅から隅まで読んでる?めくるまでに日が暮れる感じだ。
 あきらめて夜に見直しに行く。まあ、幸いなことに、ここの図書館は、ロビーに新聞が置いてあるので、図書館が閉まつた後でも公民館に人の出入りがある間は、見ることが出来るのだ。
 といふことで、毎日新聞購読者の方々、もしも見つけたら教えて下さいな。
「ぼくがもらった幸せ」おけやあきら

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック