ミュージシャン映画2007年04月07日 23時12分37秒

 ミュージシャン映画。例えば『恋人たちの曲/悲愴』なんてのもそうか。これ原題も『The Music Lovers』なんて、勘違ひしさうなタイトルなんだが、油断は禁物といふか、禁物どころではない『恋人たちの曲』と『悲愴』とどちらが正しいかと言ふと間違いなく『悲愴』の方で、もちろん『悲惨』でもいい。
 チャイコフスキーとその周りの人々の壮絶な物語だ。
 まあ、これはクラシックミュージシャンといふことになるが、今回お題にしたいのは『ウォークザライン』ミュージシャンはジョニーキャッシュだ。
 これも見逃してゐて、DVDレンタルしたのだが‥‥。
 なんで見たがるかな〜。全くミュージシャンて奴は新旧関はらず破滅型!?
 以前『ふかわ!?ザ!ブライアンジョーンズ ストーンズから消えた男』なんてのにも触れたことがあるけど『ドアーズ』もさうだつた。
 結構見てゐると辛くなつたりもするのだ。
 見なきやいいのにとも思ふが、ついみてしまうのだな〜。
 まあ、ジョニーキャッシュは立派に立ち直つたみたいだけど。
 それにしてもミュージシャンて奴は‥‥。と、ため息でもつく。
 と、ところで、ジョニーキャッシュなんだけど、下の絵に、若干関係?があるのだ。

 この二人はニック&テリーと言つて『ぶぶチャチャ』と『だいすき!ぶぶチャチャ』に出てるんだけど、第1作『ぶぶチャチャ』では、紋切り調ラップ風?な感じでやつて見たのだが、いろいろ思ふところあり、第2作目では、カントリー風にして見たのだ。そこで、浮かんだのがジョニーキャッシュだつた。
 ぼくは、ジョニーキャッシュには語りのイメージがあるのだ。
 ズンチャズンチャズンチャとリズムが繰り返され、流れる様に言葉が出てくる。
 『ウォークザライン』でも言つてゐた『汽車の走るようなリズムで‥‥』(速く無いむしろ遅いんです。念のため)
 果たしてニック&テリーのリズムが汽車になつたかどうかは判らない。
 ジョニーキャッシュはあくまでも切つ掛けだ。誰とは言はないがミュージシャンとのやりとりの中のほんのささいな会話。
 だから映画のジョニーキャッシュは、ぼくのイメージとは少々違つてゐた。
 ぼくがよく聞いたのは、映画で語られた以降のジョニーキャッシュだつたんだな。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック