自転車の旅の歴史32007年04月08日 21時37分03秒

 なんですが、その前に。
今日の毎日新聞に出てました広告。
 AMAZONはまだみたいですが[セブンアンドワイ][楽天ブックス][Yahoo!ブックス]にはもう出てゐるやうです。是非一家に一冊。

 さて、自転車の旅の歴史。
 新宿、池袋と続いた都会派の旅。3回目に目指したのは立川にある「昭和記念公園」でした。


 距離は多分、過去2回よりも少しだけ長い。


 景色もだいぶ違ふ。しかし、沿つて進むべき鉄道線路はありません。
 この時は玉川上水の脇をひた走りました。
 これが、思ひの外長い!
 ひたすら単調に延々と続きました。
 悪い景色ではないと思ふのですが、長過ぎた?
 ここで、かなり応えてしまいました。
 3回目にして手強い相手?


 沿ふのではなく横切る。
 西武線の単線。これは、国分寺線かな。これの前に多摩湖線といふのを横切つておる筈です。
 それから、撮つたのは帰りですけど、多摩都市モノレールも横切ります。


 これ「昭和記念公園」(2002年3月31日)
 白く広がつてゐるのは、砂浜ではなくて、中に空気が入つてて適度に弾んだりする広大なトランポリン(!?)です。
 この旅の時は、ぼくの自転車はメンテ超不充分で、乗るのがヤバそうだつたので、おかぴの自転車を借りて行きました。純正のお買ひ物自転車です。
 途中、呼吸もかなり荒く、軟弱に不安を感じたりもしたのですが、なんとかなりました。
 最近になつて、思ふやうになつたことですが、自転車のスピードといふのは、人間の持つてゐる『気の流れ』と相性がいいのではないか?そんな感じがします。(自転車のスピードは人によつてかなり違ひますが‥‥)
 しかし、止まつてゐると不幸もあります。
 帰りの途中、交差点信号待ちだつたでせうか?
 娘が自転車をひつくり返したそこには、丁度犬の○○○が‥‥。
 行きはよいよい帰りは怖い。ですか?

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック