自転車の旅の歴史42007年04月11日 22時30分52秒


 さて、4回目に目指したのは荒川だ。
 う〜む。なんてファジーな目的地なんだ。
 とにかく川のどこかへ着くといふ旅だ。
 この旅は、上の写真が象徴するやうな(?)旅だつたのだ。
 その日は朝から、小雨がしとしとと降つてゐた。
 当然、決行するかどうか迷ふ。
 しかし、その日を逃すと、もう行けないかも知れない(いはゆるスケジュールが合はないことになる)ので、出掛けることにした。
 もちろん雨具を装着して(ぼくはバイク用の上下があつたので、完全防備だつたが、娘は、上着だけ!まあ、無謀)出発。

 ところで、過去3回はおかぴにお弁当を作つてもらつてゐたのだが、雨の中アウトドアで、弁当を食べられるだらうか?といふ疑惑があり、持つて行くても食べられなければ困る。まあ、どこか食堂なり、ファミレスぐらいあるだらうから、そこで、食べることにして、食料なしで出掛けた。
 もちろん、軽卒だつた!


 どうせ雨の中だから、といふことで、この時はかなりサバイバルな気分になつてゐた。
 だから、道なき道をゆくぜ!てなもんで、河原を走る。
 この川は『黒目川』と言つて荒川系なのだ。つまりどこまでもこの川を辿つてゆけば荒川に着くのだ。
 この写真の場所は新座市。
 奥に車道の橋桁が見えるが、そこで、この土手は行き止まりだつた!
 仕方なく引き返して別の道へ。
 ぼくは途中で止まつて娘に探索させたのだが、ここで、水たまりに足をはめる!
 まだ旅は始まつたばかりだ。
 このあとも、急坂(坂でなくただの傾斜)で自転車をぶつ飛ばしたり、雨はどんどん強くなりとサバイバル度をあげながら、でも、距離的にはさほでではなく、着いた。


 しかし、この写真では判りにくいかも知れないが、近くに何もない。
 ファミレスって何?といふぐらいに、漠然と広い。
 すでに二人とも腹は減りはじめてゐる。
 でも、まあ、折角着いたのだ。川沿ひに走ろう。屋台でも出て何かを売つてゐるかも知れない。
 と、対岸(北側)を、上流へと走つた。そのまま行くと、秋ケ瀬公園と言つて、ピクニックやスポーツなどが出来る場所がある。晴れた日はバーベキューパーティの家族やグループでにぎやかな場所だ。
 晴れた日は‥‥。

 雨の日に好き好んで遊びにきてる奴は居なかつた。
 当然、店なんか出てない!
 腹は減る。
 疲れは増す。
 てな感じで、途方に暮れつつペダルを踏み続ける。
 そして、これはダメだとあきらめ帰路につき、途中コンビニでおにぎりを買ひ、その前で立ち食ひ。とにかく、エネルギーを補給して、さらに、朝霞台のデニーズでやつとまともな食事をして帰つたのだ。
 そうそう。娘は新車だつたのだ。


 そして、このサバイバルに懲りたからといふ訳ではないのだけど、この後、しばらく自転車の旅は行はれなくなる。

 ところで、数日前から紹介してゐる『ボクがもらった幸せ』なんだが、ぼく自信やうやく正式に予約出来た!?
 セブンアンドワイでトライし続けたんだけど、結局、Safariのセキュリティセッティングと、そりが合はない(!?)らしかつたのだ。
 それで、iCabといふブラウザで、やり直してみたら出来ました。
 anneさま。中身の紹介は今少しお待ちくださいまし。
 ボクがもらった幸せ おけやあきら
 最新情報では、どうも紀伊国屋でも売つてゐるやうです。

コメント

_ はばら ― 2007年04月13日 16時20分44秒

国分寺丸井にありましたので購入しました。
おけやさんのあったかさが伝わってきます。
現在長男が読んでます。

_ はばら様 ― 2007年04月13日 22時08分49秒

 おお、そいつは朗報です。
 おけやさんに教えときます。
 ちなみに丸井には何書店が入つてるんですかね。
 昨日国分寺へ行つたときに判つてゐれば!

_ はばら ― 2007年04月14日 01時23分28秒

丸井8階にある紀伊國屋書店で購入しました。
ここは検索システムがあって、店内地図で示してくれるので便利です。
ちなみに「詩集」コーナーにありました。

うまく言葉にできませんが・・・
内容も当然ですが、お嬢さんの挿絵が素晴らしいです。
それはもう本当に。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック