Cantos do Semi Arido2007年04月12日 21時38分36秒


これは何?



これは‥‥

パカッと。


むむっ!
 と展開。


そうです。CDです。
またジャケ買ひ。
といふか、まあ、衝動買ひ?

 これはHMV渋谷のブラジルのコーナーにあつたのですが、正直言つて本当にCDが入つてるかどうか、実は不安でした。
 あまりにも別の意味でよく出来てゐるので、まさか、ただのグッズとして売つてゐるのではなからうか?と思つたのです。
 でも、入つてましたCD。
 スキャン映像。

 とまあ、つまりブラジルのおばさんたちのグループ2つのコンピレーションアルバム?
 なにしろ言葉全然判りませんのでね。
 で、さらにいふと、曲数16なんだけど、インデックスには17!
 だいたい歌の出だしがタイトルになつてゐるやうなので、聞くとこれだ!と判るので、インデックスを追ひながら確認すると‥‥
 う〜む。17番目が余る。
 16と17がつながつてゐるのだらうか?と、よぉ〜く聞いてみるが、ひとつの歌としか認識出来ない。
 むづかしい‥‥。
 さて、そう。どんな内容かといふと。
 アカペラです。
 でも、アカペラといふ言葉は合はんな。
 近いのはミクロネシアの聖歌隊。映画『シンレッドライン』で、印象深い南洋土着の歌声と、教会の歌とが見事に融合した魂の歌。
 この『Cantos do Semi Arido』といふアルバムの歌声はもつと「土」の匂いが強い。広〜い野原(畑かな)の歌です。労働歌といふ言葉を使つてしまうとなんとなく旧ソビエトなイメージになつてしまうので、なんと言へばいいのでせう?
 のら歌?
 これが、綿花農場になるとブルースになつて湿り重くなるのでせうが、乾いてます。
 スキャンで見にくいとおもうので、グループ名。
 上が『Grupo Cantigas de Roda』下が『Cantaderiras do Sisal』
 繰り返しますが、詳しい情報は全く知りません。
 でも、聞くと、なんか身体に染み渡ります。
 それから、もうひとつ近いのは、なんと、あの!『シルクロード少年ユート』9話。クチャのポプラ並木に聞こえてくる『子守唄』?
 見て下さい聞いて下さい。


 ジャケ買ひ。
 ケース買ひ?


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック