自転車の旅のつづき2007年04月17日 22時03分49秒

 といふことで(どういふこと?)続きを書きたいのだが、なんだか何故か突然あれやこれやで、思ひの外(ほか)時間がない。
 まあ、ハイク&ツールに行くなどしてゐればさもありなんではあるが、珍しく営業(売り込み?)もしたりして、仕事なんかもしてる。
 なので、中々整理が付かないので、けふは、多摩湖北岸の自転車道路を走つてゐたときに見つけた五重の塔。「帰りによろうよ」といふことで、よりました。
 ここは思いの外(けふはこの言ひ回しすでに2度目)立派なところで、これについてもいろいろまとめたいところでああるけれど、とりあえず娘の撮つたクジャクです。
 高い木々の中でやや暗めの場所だつたんですが、このクジャクは、サービス精神旺盛で、自慢の羽をかなりの長い間広げて見せてくれてゐました。
 金網の中なんですが、覗き穴(!?)がありまして(そこだけ、金網が広げてある!)そこから見ると、邪魔なものがなくてよく見えます。
 写真はその覗き穴から撮つたものです。
 しかし、娘は真後ろを撮りたかつたらしく(広げた状態の前姿は中々見られないとはいへ、探せば本やインターネットでみられるでせう。なので、滅多に見られない後ろ姿に興味があつたわけでせう)この写真を撮つた後、挑戦したのですが、クジャクのサービスの中には後ろ姿といふのはなかつたらしく、真後ろから見る(覗く)ことは叶ひませんでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック