ハイク&ツール52007年04月25日 21時23分48秒

 さて、百尺観音を見上げたまま、自然を左の方へズラしてゆくと、わざとらしい出つ張りが見える。
 前回の横長の写真にも映つてゐるが、ちよつと目立つやうに濃くしてみたけど。


 ここが『地獄のぞき』だ。
 といふことはぼくたちは今、地獄にゐるのね。
 なんて、真の地獄はまだまだ先にあることも予期せず、気楽に言つたりする。
 それにしても、この切り立ち具合が、気になるであらう。
 といふか、まづ書いておくべきだつたか。


 この山の肌はこんなのばかりだ。
 これは、百尺観音のために削り取つたわけではなく、石材のためだ。


 材質(!?)がよいので、江戸時代からバリバリ切り取られたさうな。
 それで、ザクザクな風貌になつたので、鋸(のこぎり)山になつたんだと。
 その前はなんと呼ばれてゐたのだろ?
 名前はなかつたのか?
 なんとも不憫な‥‥。
 撮らなかつたのだけど、ロープーウェイで向かう山頂駅の前面が、真つ平らな崖といふか、壁のやうで、いささか異様な光景だつた。
 ここは石の山なのか?
 地獄のぞきの手前にはこんな。

ベンチサイズの石舞台古墳(!?)の群れ。
ベンチでなければなんなんだらう?

 そして、これが『地獄のぞき』の横顔。


 この欄干はサビサビのグラグラです。
 上から3番目の右側の写真は、反対側から見た所。

このラフな感じが『のぞき』の上がり口。
登りにくいし、降りにくい。
結構、試される感じです。

 見下ろしてみる。


 左の切り立ちが百尺観音の右肩側。
 手前が『地獄のぞき』の足元で、上側が、切り残された岩(上から2番目の写真の岩)

 次の2枚も、切り残された岩の別角度。



 これにも『切り残され岩』と『地獄のぞき(右ほほ)』が映つてる。
 パノラマ風に撮つた記憶がないけれど、なんとなくつながつて見えるので、つなげて見た。(本当につながつてゐるかどうかは責任持てない)
 そして、すぐそばにもうひとつ『見張り台』がある。

 そう。

 ここは‥‥、山頂展望台といふことになつてゐるけれど、本当は『見張り台』なんだと思ふ。


 『地獄のぞき』より、親切な作り。

右下側に降りて行くと、
‥‥トイレ完備。

今は使へない。
‥‥と思ふ。

‥‥‥‥
しかし、このトイレの行く先は?



 ここは山頂駅よりも遥かに眺めがいい。

 標高は330メートル弱。麓からもほぼ山頂が見える(石切のせいかもしれないが)こじんまりした山だと思ふけど、石材が利用されたり、重要な見張り場所であつたり、とても、奥深いと思ふ。

 そして、鋸山=日本寺は、これまた、見所満載で、とても日帰りハイク&ツールではすべて見ることは出来ないといふか、絶対に地獄を見ることになる。
 と、そこまでは予期した‥‥。

 でも、やはり、大仏は見るでしょ!
 よし、ぢやあ、次は大仏ね。
 てな、もんで、向かつたのだ。

 つづく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック