ハイク&ツール62007年04月26日 23時18分40秒


 そして、こんな感じになりました。
 頂上から大仏さんまでは、ひたすら下り。
 石を積み重ねてといふか、置いて作られた高さのある段々。
 これが、左足のおヒザに利いてしまいました。
 ぼくのウィークポイントなんです。
 仕方なく、子供降り(片足一段降りないで、両足そろえてから順々に降りる)にしてみたりしますが、やりすぎると、右足がきつくなるので、ある時は必要以上に弾みをつけてどんだんどんと降ります。
 なかなかにしんどい道で、応えましたが、昔は兵隊さんが一日に何往復もしたのかも知れないなと思ひ、耐えました。
 それだけでも、兵隊さんを尊敬します。きつと、重い荷物を背負つて、上官に殴られまいと根を上げずに上り下りしたのだらうな‥‥。
 そして、どれぐらい降りたのか定かでありませんが、やうやくたどり着きます。
 立ち止まると、右足が痙攣(けいれん)して、ブルブルどころでなくブッブッブッブッと小刻みに揺れます。
 おお、凄い、カエルの解剖でピクリとする脚か‥‥。


 立派といふよりも、素朴さの際立つ奴です。
 日本一大きいらしい。
 鎌倉の大仏もアウトドアですが、大分雰囲気が違ひます。
 雨風に耐えてきたのでせうが、どこかのどか?
 風景にとけ込んでゐるせいでせうか?
 大きいけれど、身近な感じがします。
 もうふらふらでしたが、ここまで来てよかつたなと思ひました。


背中は山肌に付いておりますが、御前にはお堀が。
水の上の蓮の上といふ風情なんですかね。





 もう脚がガクガクで、座つたらもう立てないのではないかと思ひつつ、大仏さんの周りをいろいろ撮つてみる。
 結局座り込んだけど。


 下半身。

 これから、ロープーウェイの駅まで、登らなけれいけないので、遅ればせながら、竹の杖を買ひました。
 備えあれば憂いなし。
 って、もう遅いんだけど、
 で、この上りは距離もいくらか短いので、楽勝でした!
 ホントか?
 といふ感じでもありますが、助かりました。
 さあ、日本寺は、まだまだ、奥深いですが、今日のところはこれぐらいにしてやるぜといふことで、次へ向かわん!
 まだ、どこかへいくつもりか!?

 つづく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック