二子玉川32007年05月13日 20時06分44秒

 さて、ロケの目的に沿ひ見て回るのがロケハンだが、どうせここまで、来たのなら立ち寄りたい場所があつた。
 それが、あつたからロケの候補地に挙げたのかも知れない。
 しかし、立ち寄つたところで、そこには何もないこともわかつてゐた。

 ところで、けふの話は当てずつぽうだ。かなりの割合で裏付けもなにもない。
 いや、かなりの割合どころではない。すべてだ。
 よく調べればわかることだらうが、例によつて手間を惜しむ阿弥音の護美箱だ。


 だから『多分』と言つてをく。立ち寄りたかつた場所はここだ。
 まさしく『立ち寄る』にふさわしい何もないがらんとした場所。
 バスも立ち寄つてる。
 ここはバスターミナルですらないのだ。
 ターミナルは徒歩1分の駅前にある。
 ここは何かと言つたらば、懐かしの二子玉川園の入り口だ。
 多分そうだ。そうに違ひない。
 ぼくは小学生の頃、玉電といふ路面電車(現在、三軒茶屋と下高井戸を結ぶ世田谷線が残つてゐる)の走る、さう、渋谷と二子玉川の中間付近に住んでゐたのだ。
 渋谷を通り越した都心に後楽園遊園地があることは知つてゐたと思ふが、ぼくにとつての遊園地は何よりも二子玉川園だ。

 これが多分入場口だ。
 多分多分でうるさいからこの先は多分を省略する。
 二子玉川園がいつ閉鎖されたのかぼくは知らない。
 さつきから玉川園が多摩川園と変換されて困る。それほど昔のことなんだと思ふ。
 ところで、このいかにも<入り口>らしい<入り口>は、当時のものではない。これは、多分(あ、またつけてしまつた)跡地に作られた施設のものだ。
 看板を見ると『にこたまペットパラダイス2006年1月8日閉園』と書いてある。開園がいつだか知らないが、これも昨年終はつたのだ。
 なんだか寂しい。
 ここはそんな土地になつてしまつたのか?

 しかし、どうせ閉園してゐるのなら中を散策してみたいなといふ欲求にかられる。
 だけど、このいかにもデザイン的な柱には<この先通り抜け出来ません>と書いてあるし、そもそも、これだけ厳重に閉め切つてあれば誰も入らない。
 二子玉川園当時の入り口がどんな形をしてゐたかなんて覚えてゐないけれど、この先すぐに『ローズガーデン』と呼ばれる、子供には対して面白く無い場所があつた筈だ。
 そして、隣の切り返しの写真の左側に駐車場があるのだが、そこが『二子劇場』のあつた場所だと思ふ。
 映画館だ。
 ここで、ぼくは小学一年生のときに『豚と軍艦』を見たといふわけだ。
 きつとさうだ。
 これに関しては以前書いたと思ふので省略するが、『ガメラ』と洋物の『地球の危機』といふ2本立てを見たのも覚えてゐる。
 と、ここで、気づくことがある。そうか、今、ここには映画館がないんだ‥‥。
 だからどうといふことではないけれど、思はず郷愁してしまつた。
 そんなわけで‥‥。
 ここ二子玉川は、面白い。
 高島屋側のなんとも<静かな活気>に溢れた平和空間があり、古い都会の切なさを感じさせるがあり、河原へ行けば所狭しとみんな大騒ぎしてゐる。
 一体何年ぶりか見当もつかないが、来てよかつたと思ふ。

 ところで、はばら様。<円谷怪獣ランド>ですか。
 いつ頃なんだらう‥‥。
 残念ながら記憶にありません。でも、ぼくはね。
 小学生のとき、二子玉川園で『マグマ大使』の怪獣は見たんですよ!
 あれはピープロ作品ですね。緑色の恐竜タイプの奴です。名前は覚えてませんが‥‥。
 今思へば小さな遊園地だつたと思ひますが、なんでも入つてた凝縮空間だつたと思ひます。

遅ればせながら小さい春32007年05月14日 21時34分46秒

 この花、いつかも載せたのだけどそれがいつなのか、どんな話題だつたのか忘れてしまつたので、指定出来ない。だけど、そのときは接写など出来ないカメラで、撮つたのを載せた筈で、この次撮るときにはせめてクローズアップレンズを使はうと思つてゐたはずなんだ。
 だから、本当は4月にやるつもりだつた『小さい春』特集は、そもそもこの花が切つ掛けです。(撮つたのは4月26日。風のある日だつたな)
 これが、可愛くて好きなんだよな。
 どことなくツユクサに似てるし、アヤメの超ミニチュアとも言へるし(いづれにしろ葉つぱは全然違ふけど)気になる花です。
 しかし、なんといふ花なんだろな〜?
  そんなに気に入りなら調べろよ‥‥つて感じなんだけど、そこまで出来ないのがさすがなんだな‥‥。
 調べ方が判らん!(‥‥‥‥)
 花の図鑑を端から端まで見るのかな〜?
 まあ、いはゆる雑草なんだらうけど、歩道のレンガの隙間に小さく、だけど、しつかりと存在感を示してゐるんだな。
 まあ、普通は上を向いて歩こうなんていふのだけど、たまには下を向いて歩くのもいいのではないか。
 カンダタも蜘蛛を助けたときは下を向いてたんだらうな。それがよかつたのか悪かつたのかは判らんけど‥‥。
 でも、あいつは結局地獄へ落ちてしまう訳で、それはそのとき「下方」への愛情が足りなかつたからではないかと思つたりする。

遅ればせながら小さい春42007年05月17日 20時39分21秒


 さう。
 最初は比較用に五円玉を使つてゐたのだ。
 だけど、反射が凄くて、花より照り返しが目立つてしまいさうなので、十円に替へた。
 色が濃い方が照り返しが弱いのではないだらうか?と考えたのだけど、正確には判らないけれど、さほど反射率には変はりはなささうで、やはり大事なのは置き場所、カメラとの角度だといふことに結論は出た。
 まあ、だけど、そんな判りきつた結論が出たところで、小さな花との比較のために置くので、場所が限定され、そもそも撮る位置、角度だつて限られてくるので、結構ままならぬ。
 クローズアップレンズを使つて、しやがみ込んで撮るので、自分の影も邪魔になる。地面すれすれなので、あまり逆光は関係ないかと思ひもするが、レンズにフードを付けてないので、レンズに光が入つて来て、やはり芳しく無い。
 なにしろ小さな被写体だから、容易く影の中に収まつてしまう。
 そんな訳で変なおぢさんが、道ばたにコインを置いてしやがみ込んで写真を撮り「よいしょ」とか言ひながら、起き上がつてヨタヨタしてゐたわけだ。


 左側はこのシリーズの一番最初に載せた奴。
 これ、同じ花だと思ふんだけど、葉の色が違ふ。
 形は同じなんだよな。まあ、クローバー型?
 残念ながら全部三つ葉だけどね〜。
 だけど、クローバーの花つて全然違ふよね。
 またしてもなんだらうな〜?と思ひます。

 まあ、そんな風にして、たまには立ちくらみもしながら‥‥。
 そんでもつて、ぺんぺん草。


 そうそうこの花も撮りたかつたんだよな〜。と、このとき思ふ。
 しかし、風もそこそこ吹く中、これまで、撮つてきた花に比べたら遥かに茎が長い。揺れるし、十円玉を並べて置けない!
 だから正確な比較にはならんのだけど。
 花が小さすぎるのでトリミングしてみる。


 花が反射しちやつてるね〜。
 また挑戦しないとな。
 とこの後、さらに小さい花発見。


 黄色い奴ではないよ。
 ○で囲んでゐる方、下に拡大してみた。奥で光つてゐるのは、家の鍵。
 これは小さい!
 つて、どう説明せやう。
 と、もつと違う角度から撮らうとしたら、もうフイルムがなかつた。
 しまつた‥‥て、感じ。
 で、また挑戦しなくてはと思ひつつクローズアップレンズの限界も感じたりして、いまだならず。花はいつまで咲くものか?

はーどぼいるどだど2007年05月18日 22時32分12秒

 トリオザパンチ内藤陳の名言?
 中学の頃か?意味も判らず拳銃を構へる真似をしてかう言つたものだ。
 実際ハードボイルドの意味を知つたのは、大人(?)になつてからだ。
 なんせ本なんか読まない子だつたから‥‥。
 それで、いきなりかういふのもなんなんだが、ぼくは、いはゆる『本格』といふ奴が苦手だ。
 ここでいふ『本格』とは、本格ミステリーなる奴で、まあ、つまり推理小説なんだけど、ででで〜と連続殺人なんかが起こつて最後の方で、だらだらだら〜と主人公が名推理をひたすら述べるといふ奴だ。素晴らしい、意表をついたトリックが見事にカタルシスを生むのだが、ぼくはここがとにかく苦手でどうでもよくなつてしまうのだ。子供用に翻訳された『怪盗ルパン』のシリーズなんかは読んだけど、そこどまりだつたな。
 で、けふのお題のハードボイルドなんだが、これは、好きなんだ。
 と、ここでまたまた生半可な知識を披露するから、これから書かれることは鵜呑みにしないで、ちやんとした事が知りたい人は調べて下さい。
 ハードボイルドといふのは1920年代以降アメリカのパルプマガジン(安い読み物誌?)に掲載された乾いた文体の小説だ。乾いた文体つてなんだろ?と思ふだらうが、くどくどと説明なんかしないぜ。
 で、ハードボイルドと言へばダシールハメット、レイモンドチャンドラー、ロスマクドナルドつ〜3人がまづ浮かぶんだけど、これは正統ハードボイルドなんて言はれてゐる人たちで、それに対して通俗ハードボイルドなんて言はれてゐる人たち(作品群)もある。
 ぼくが最初に読んだのはチャンドラーの『長いお別れ』なんで、正統から入つたわけで、やはり始まりの影響は強い。
 でも、後々、いろいろな作品を読んで行くと、チャンドラーの作品にはかなり湿気があることに気づく。
 それからハメット作品を読んだりして、ああ、これがハードボイルドなんだと思つてしまう訳だ。ハメットといふのはハードボイルドの始祖なんて言はれたりもしてゐて、なるほどと納得するんだが、それから、ジェームスケインなんて作家を知ると、こいつにもハードボイルドの原点なんてことが書いてある。
 『郵便配達は二度ベルを鳴らす』なんてのが、有名だが、こいつの文章(ま、翻訳だけど)は乾いてるなんてもんぢやない、ホントに要点しか書いてない!さらに困つたことに『倍額保険』といふ作品もあるのだが、ぼくにはこの二つの作品の差が判らなかつた。恐ろしい作家である。
 で、結局よくわからないのだが、ヘミングウェイなんかもハードボイルドと言はれてゐる。確かに『老人と海』(薄いので、容易に手が出る。読みやすい)なんか読めば理解出来る。
 まあ、つまり、アメリカといふ国のとある時代の流れから生まれてしまつたのがハードボイルドなんだと生半可に理解すればいい。だから、他の国の作品ではあり得ない筈なんだけど『作風』となつてしまつた以上、実はある。

 しつこいけど、ホントのことが知りたくば、ちやんと調べるがよい。

 なんで、こんなことをくだくだと乾かない文章で書いてゐるかといふと、フランスのハードボイルド作品を読んだからなんだ。
 で、これまた、頭ん中にいろいろとくだくだとどうでもいい情報が溢れてゐて、どこから書いたらよいのか判らないでの、そろそろ、つづくにする。

 ああ。
 上の絵についてだけ補足せねば。
 まあ、ふさわしい絵(写真)を探せなかつたといふのが大きな原因だが。
 こじつけると、チャンドラーは猫が好きだつたらしいのだ。
 これは、本から得た情報ではなく映画からなんだが、ロバートアルトマン&エリオットグールドの『ロンググッドバイ(つまり『長いお別れ』)といふ奴で、主人公の探偵が猫を飼つてゐる(原作では飼つてない)‥‥‥‥これも書き出すと長くなるので、まあ、さういふことだ。