三鷹北口の2007年07月02日 22時18分01秒

ドトールコーヒーは夜9時までです。

 いや、本当に知らなかつたの。

 どういふことかといふとね。
 バス待ちで、コーヒー飲みながら書き物せやうと思つて、入りました。地下は禁煙で、居心地もよし。
 それなりに作業に熱中して、時計は丁度9時。
 バスは26分だから、うまく行けば作業終はるか知らんらんらんらん。
 と、いい気になつて、さらに10分ぐらいたつた?
 周りには若い女性一人&若い男性二人。ま、つまり、計五人ほどまだゐました。
 そこへ若い店員さん降りて来て「9時閉店なんですけど」と言ひました。
 わつと、びつくり。
 思はず「あ、すいません」と言つてそそくさと帰り支度。
 他にゐた若い男女計三人も帰つたんだけど、終始無言。
 声を発したのはぼくだけ。
 パソコン広げてたのもぼくだけなんで、一番遅く店を出たのもぼくなんだけど、気になつたのは『無言』さ。
「は〜い」とか、なんかないのだらうか?
 これが当たり前の世の中なのか……。
 類推するに、意外と答えは簡単かも知れないのだが、自分以外に客も居るわけだから、なんか言はれたら帰らうと最初から決めていた。
 9時閉店なことは判つてゐるから、店員に帰れと言はれるまでゐればいいぢやん。いつものことよ。
 てな感じ。
 でもさ。
 なんか言はれたら、答へやうよ。
「はぁ?」「ほえ」「へらへら」でもいいからさ……。
 いや、よくないか……、ケンカうつてるみたい?
 とまあ、なんかさびしい。

 と、思つてゐたら帰りのバス。
 ぼくは不届きにも優先席に座つたのさ。(空いてたの、横向き座りがいいときもあるから)
 それが気に入らなかつた訳では全然なく(確信あり)若い好青年が、降り際にぼくの膝小僧に鞄をガシとぶつけたのさ(故意ではなく=確信あり)、そんなに痛かつた訳ではないけど、かなりガシだつたのさ。
 でも、何も言はずに降りました。
 ぼくも何も言はなかつたけど……。

 別にそれで人生変はると思はないけど、世界が変はると思はないけど……。

ちなみに写真は三鷹ではありません。

コメント

_ Kaz ― 2007年07月03日 00時35分27秒

おおおお! 三鷹北口! しかもその時間、私は近くを歩いておりましたよ! お会いしたかったですー。

訃報の件、私は直接面識も無く、あまりに重すぎコメントができませんでした。
でも腕のある、何かを作ろうとする情熱をお持ちの方が亡くなられてしまうのは、直接の知り合いでなくてもすごく悲しいです。

どうぞ、お気を落とされませんように・・・。
ご冥福をお祈りいたします。

_ Kazさま ― 2007年07月04日 22時53分48秒

いやいやどうも久しぶり。
家に帰るバスの最終が21時26分なのです。
三鷹は早いんだな〜。
吉祥寺ならまだあるのですが……って、どうでもいいことでした。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック