ハートの直結道路工事72007年08月01日 23時34分07秒

 おわび
 このシリーズで、一部の人に思はぬご心配をおかけしてしまいました。
 申し訳ありません。
 いい機会ですので、改めて趣旨をのべておきます。
 このシリーズは『勉強』と『考察』のためにあります。
 しかし、勉強と言ひましても、いきなり高度なものはむづかしいので、ぼくレベルの能力を基準にしてあります。
 しかも、掘り下げは浅い。
 ですから、そこからが『考察』になります。ここで、バラまかれた生半可な知識を元に、深く深く掘り下げていただけたら幸いです。

 さて、さらについでであります。
 血管の狭窄(きょうさく)についての絵があまりにも手抜きである。これこそ誤解を招いてゐるかも知れないと思ひ修正です。

 本来なら、シリーズ番号で言へば4.5とか、5.5にあたる物だとは思ひますが、6まで来てしまつたので、戻るのもまた混乱の元。6.5では違ふので、7としました。4と5を確認していただけるとうれしい。特に4。

 カテーテル検査で確認できる血管の説明補足。
 まるで、血管その物が細くなつてゐるやうに見えるのが問題点です。
 いや、血管が細くなつてゐるのですが、細くなつてゐるのは基本的に内径であります。
 Aが、正常な血管。ピンク部分が壁。赤が血液になります。
 Bが、狭窄の起きてゐる血管。血液の通り道が狭くなつてゐることがわかります。
 Cが、カテーテル検査で見える状態。造影剤で、血液がX線に映るやうになつてゐます。血管壁そのものは、X線にほとんど映りません。透けてしまいます。
 ですから、検査の映像を見ると、血管が今にもちぎれさうに見えますが、違ひます。むしろ血管壁が厚く固くなつてゐるのです。

 と、けふは復習の日となりました。

 つづく。