ハートの直結道路工事82007年08月07日 21時57分59秒

 なんだか、血色の良くない絵になつてしまつたが、以前の図を利用してバイパス手術の概略を説明するとかうなる。

<いきなり厳重注意!>
 NGCに注目していただきたい。
 これはありえません!(と思ふ)
 こんなに近接した位置に二本の血管をつなぐことは大変危険です。バイパスといふ概念を説明したかつただけの図なので、ここは嘘と覚えてください。どちらかのつなぎ目は本来もつと離れた所にありあす。

 と、まあ、つまり狭窄部を迂回して血が行きにくくなつてゐるところへ『別の血管』をつないで、血を流してあげるといふのが、冠動脈バイパス手術です。
 矢印を見てください。狭窄部から離れた場所につなぎますから、本来の流れからは逆になる部分があるわけですね。でも、これで、血液は十分行き届くわけですから、酸素もたつぷり心臓は息切れすることなく動けるわけです。

 で、さて、このABに使用する血管なのですが、通常本人の血管を使ひます。
 やはり他人の血管や、人工物では、いろいろと問題が出てくるのでせうか?
 どこの血管を使ふかといふと、何種類かあります。肋骨の内側にを縦に通つてゐる内胸動脈(ないきょうどうみゃく。左右あります)、左腕の橈骨動脈(とうこつどうみゃく。と、読むらしい……信じられんが、世の中には、そんなことたくさんある。何が信じられないかつて、これは、指をあてて脈を測つたりするやうな馴染みのある血管がこんな厄介な名前なのだ……)、それから、太ももの内側にある大伏在静脈(だいふくざいじょうみゃく。静脈だ!)などらしい。
 複数あるのは、実際に二本以上必要なこともあるし、また、使ひたいけれど、そちらの血管が動脈硬化を起こしてゐることだつてある。こればかりは見てみなければわからない。だから調べてみて、使へる血管を使ふのだ。

 で、ところで、使はれちやつた血管はどうなるのか?
 といふよりも、血管を使はれてしまつた部位はどうなるのか?
 先ほど、驚いた橈骨動脈を使つた場合、左腕は大丈夫なの?
 大丈夫らしいのだが……、これは、決して大丈夫とは思へん……。
 何故つて「使はれる=そこには無くなる」なんだから……。
 だけど、心臓のためには、左手で脈が測れなくなるぐらいはがまんしなければいけないのだ……。つまり大丈夫と思へ……?
 「……」が多いのは、不思議だからだ。
 血管が無くなつてしまつたら、いままで、そこを流れてゐた血液はどうすればいいのだ?
 たいていの場合、医師の答えは「なんとなかる」だ。
 そ、そうなんだ……。
 手はちやんと動くし、大伏在静脈を取つた場合も普通に歩けるらしいのだ。
 そ、そうは、言はれても……。
 と、悩み続けてゐると、先へ進めないので、「つづく」ことにするが……。

 ひとつ、気になることを提示しておくのだ。
 『心は内臓にある』説の解釈として、心臓には心臓の心、胃には胃の心があるといふ考え方がある。単純に説明すると、胃が空(から)になると、胃心君は、お腹が減つたと訴える。空腹は心の叫びなのだ。
 さて、血管は?

 つづく。

ハートの直結道路工事92007年08月14日 21時40分33秒

 本日の絵は『血管のつなぎ方の図』
 完全に想像の世界で描いております。

 血管と血管をつなぐ、当然その中を血液が通らなければならない。
 手術でつなぐといふことは、つまり縫ふことであります。
 まあ、血管を生で見ることはなかなかないかも知れませんが、外側からでも、その太さといふか、細さはわかると思ひます。
 それを針と糸で縫ふといふのだから、職人技と言つていいのではないでせうか?
 で「1」つなぐ血管の太さに合つてゐるポンチで穴をあける!
 とは思へない。強く押したら反対側にも穴が開いてしまう!?
 やはりメスで「2」表面をピッと切るのではないかしら?
 そこへ「3」パソンコとはめ込んで、つぶれないやうに広げて縫ふんだ!
 「4」まつり縫ひなのか、返し縫ひなのか、はたまた「6」クロスステッチなのかは、判らない。
 くれぐれも「5」かういふ風に塞がらないやうに流れを確保するのだ!
 にしても、いくら細かく縫つたところで、隙間は絶対にあるはずだ「6」そこから、血液が漏れ出てしまうのではないだらうか?
 それはやはり「7」接着剤で、補強するしかないと思ふのだが、どうだらう?
 それとも、血が固まるまで、押さえてゐるのだらうか?
 血は空気に触れると固まりやすくなる。ま、開胸(かいきょう)してゐるのだから、その分固まり易いはず……。
 なんだけど……。さうなんだらうか?

 とまあ、繰り返しますが、こんな細かい作業を、結構ごつい手の男性医師が簡単ですよなんていいながらやるんです。

 しかも、心臓はどきどきと動いてゐるのです。
 手元がブレることは無いのかしら?
 電車の中で揺れながらも平気で編み物をしてゐるおばさまのことを考えれば容易いことなのか?いや、比べるには無理があるのか……。
 聞く所に寄ると、以前は、ご本人の心臓は止めて代はりに人工心肺を使つて手術を行つてゐたらしいのだ。
 しかし、つまり、心臓を止めるといふことは……。
 といふやうな(え!?説明なし!?)訳で、心臓を動かしたまま手術をするのが、最近のやり方らしい。

 でもでも、これは、楽なもんだなんて言つてゐる場合ではないバイパス手術といふのは、大変な手術なんだ。
 心臓がいくらバクバク脈打つてゐても、完璧に縫ひあげます!と言つたところで、心臓の方が、勝手に止まつてしまうことだつてあるのだ!
 あるいは、止めざるを得ない状態になることだつて!

 つづく。

文房具22007年08月15日 20時42分27秒

 といふことで、新宿は世界堂で見つけたのが、これだ!

 と、オーバーにいふほどのことでもない。

 しかし、芯ホルダーに5B、6Bはないとあきらめてゐたぼくにとつては、感激の一品。
 芯径は3.15ミリ。なるほど、馴染みの2ミリにくらべたらそりやあ太い。
 感激なことにしつかり6Bまである。
 「1」ホルダーは5B用(どちらも同じだが)にした。どちらがいいか判断がつかなかつたからだ。「4」替芯は6B。
 実のところ、これも鉛筆と同じやうにその差は微妙だ。6Bの方が濃い。(当たり前だけど)
 名前は『FABER-CASTELL(フェーバーキャッスル?)』独逸製であります。「2」の芯削りにはわざわざ「W-Germany」つまり西ドイツ?と入つております。
 で、この芯削りなんだけど「3」を見るとわかりますが、穴が二つあります。2ミリと3.15ミリ両方使へるのですね。

 ところが!

 と、少しキャッチーにしてみました。
 この巡り会へた5B6Bの芯ですが、これが固い!硬いの方が正しいか。
 とても5B6Bとは思へない硬さ。
 まあ、芯だけなので強度が必要なのかなとは思ひます。

 ただね。
 
 同じメーカーの専用削り器でも削れない硬さとはどういふこと?

 全く削れないことはないんだけど、早々と刃(は)が負けてしまうのだ。何回か削つた後はもう力任せよ。
 これが、なかなかに応える。
 硬い6Bとの戦ひといふのもシュールな気分。

 しかたないので、紙ヤスリとか、カッターなんかも使ふやうになつたんだけど、これはこれで、なんだか面倒。
 なんかないかしら?
 といふことで「5」の参上なのだ。

 これは、娘がどこかからもらつてきた小さな鉛筆削り。
 これがいいのだ!
 さすが鉛筆削り!
 芯を少々眺めに出して「6」のやうに、軽く押さえて削るのだ!
 らくちんやで。
 しかもエラい尖(とんが)るんや。

 かうして、ぼくは芯ホルダー6B問題を克服したのだ!

 とまた、必要以上にオーバーにしてみたのだけど、実はね。
 この文房具シリーズを書くためにインターネットで、少々調べてみたのだ。
 さうしたら、なんと!な、な、なんと!
 7Bなんてみつけちまつたぜ!
 あれ、あれれれ、8Bなんてのも見つけてしまつたぜ!
 しかも8Bは2ミリ芯!

 ステーショナリーマニアとしてはさ。
 早速注文しました。

 つづく。

ハートの直結道路工事102007年08月26日 21時34分27秒

本日の内容は猟奇的事象にふれてゐるため、29歳未満の方の閲覧を固くお断り致します

 例えば、こんなことだ。
 いきなり胸のど真ん中をジパパパパと切られる。
 みなさんご存知だと思ふが、胸には、肺と心臓があつて、それを肋骨が覆つてゐる。
 肋骨は左右12本あつて、一番下の2本づつ以外は、背骨から胸骨へと結ばれてゐる。つまり胸の真ん中にある縦長の骨が胸骨だ。
 まあ、図[2]のやうな感じだ。極力正確には描いたつもりだが、いつものやうに細かいことには目をつぶつて欲しい。

 もう一回最初からいかう。
 道を歩いてゐたら、見ず知らずの通り魔に[1]いきなり胸をジビビビビを切られた。
 [3]さらに胸骨をノコギリでギガギガギガギガと切断されてしまつた!
 そして[4]肋骨をミシシシギシッ!と開かれて心臓むき出し風スースーにされてしまつた。

 さて、ここで考えてみやう。
 こんなことをされて人間は生きてゐるんだらうか?
 つ〜か、普通死んでしまう気がするのはぼくだけだらうか?
 といいますか、これで、死なないのが不思議です。
 まあ『危険なジル』といふ漫画によれば、人間を死に至らしめる大きな要因は『痛み』だと、いふことです。
 この漫画の主人公『ジル』といふのは警察官なんだが、事故だかなんだかの影響で『痛覚』を失つてしまつたらしいのだ。それをいいことに、この『ジル』のゐる分署では、彼女を盾にして、撃たせて犯人を捕らえる!といふ豪快な技を使ふのだ。まあ、怪我をすることには変はりないので、ジルは可哀想なんだ。
 と、まあ、横道にそれたが、こんなことをされても死なないとすれば人間には恐ろしい生命力があると言はなければならないが、俄には信じがたいものがある。
 繰り返すが、これ、相手が通り魔だつたら絶対に死んでゐると思ふ。
 しかし、相手が外科医で、全身麻酔で、痛みも感じない場合。
 死なないらしいのだ。

 今日で終はらうと思つたが、もう少し

 つづく

 ああ、さうさう。
 相手が外科医の場合。[5]後で、胸骨を合はせて、離れないやうに縛つてくれるのだ。