雨男の確率2008年03月30日 20時54分22秒

 素直に「死神の精度」とタイトルすればいいのだが、2005年9月4日のタイトルが『死神の精度』と素直にそのままだつたんで、変へたのだ。http://aminon.asablo.jp/blog/2005/09/04/このアドレスで小説に関するブログに行けます。
 でも、いきなり出てくるのはファスナーなんでご用心。

 しばらく読んでない伊坂幸太郎の作品の映画化。
 映画の正式タイトルは『Sweet Rain 死神の精度』かな。
 家族で見ました。なにしろ、3週間ほど前に家族で「(ホップステップ)○○パー」を見て、しくじつてゐたので、映画選びは慎重に、なのだつた。

 で、大変よかつた。
 あんまりあつさり書いてしまうと、なんなんだが、あまり語るのもどうかね。
 最近覚へた言葉で『言はぬが花』といふのがあるのだけど、まあ、最近覚へたはあまりにも嘘だけど、彼が常々思つてゐたことはこれなのだと、やうやく巡り会つた感のある言葉なのだ。
 なんといふか、さうさう自分の言ひたかつたことは『言はぬが花』なんだと、エラく矛盾した言ひまわしにたどり着いたわけで…………。
 そうなの、この映画にはそれがあつてね。
 よかつたのだ。

 しかし、また例によつて、原作にはもう一つぐらいエピソードがあつたよなと思ひながら見ていたのだけど、帰つてから、上記のブログを確認したら、一つではなくもつとあつたりして、忘却率○○%。
 これは、原作より足りなくてどうかうではなくて、逆にうまくまとめてあつたといふことです。

 それから、こにたんはもちろんいいけど、日本にはいいばあさん役者がゐるな〜と感心したのだ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック