きれいな水2008年07月29日 09時59分13秒

 そんなこんなで、いつの間にかシリーズ化されてゐた「夏のツーリング特集」も第5弾。
 いよいよ本題に!?


 これが、今回の最大の収穫。


 でも、これではやはりよくわからない。
 これ、水が透き通つてゐて、藻だかなんだかが池の底一面隙間無く繁茂してゐるのね。
 水面まで伸びてしまつた奴はデレッと広がつてゐるわけ。
 これを見て「わぁ〜きれい!」とは言ひがたいのだけどさ。
 とにかく水がきれいなんだわ。
 全体を見るとね。


 こんな感じ。
 クリックすると大きな画面で見られます。
 さうすると、もう少しは雰囲気がわかると思ふのだが、なかなか真実は伝はりにくい。
 水面に映る木々の葉と、中の水草と水面に広がるそやつらの姿で、ぐちょぐちょなのだ。
 これを見て「わぁ〜きれい」とは……。
 この画面下手(しもて=向かつて左)側が、湧き水源なのだけれども、ずぅっと上手(かみて)へ流れて、落ちる場所があります。


 この写真でいふと奥が湧き水源。
 上手にちらりんこと見える水の流れが、上の池から下の池への滝(!?)です。
 さう、ここは段々池になつてゐるのね。


 こちら下の池は「わぁ〜きれい」なんだな〜。
 これもクリックすると拡大しますが、どこまで、ご理解いただけるか……。
 暑かつたといふこともあるのでせうがね。
 さりげなく湧き水ってたお宮横町といひ、富士と湧き水の相関関係にあこがれてしまうひとときでしたのだ。
 といふことで、引き続き『白糸の滝』を目指して(来てから決めたんだけど)ひた走る(大した距離ぢやない)のだつた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック