暴力脱獄を見る2008年09月30日 22時40分21秒

 数年前の話だが、DVDプレイヤーを購入した頃、とにかくソフトがなくてはねといふことで、映画など数点(気がつくとずいぶん増へたが)とにかく買つた。「とにかく」といふのは、「とにかく」で、基本的には見逃したものを買つたりしたんだが(例えば「ルナパパ」見逃した上に、なかなか見る機会がなささうでしょ?)好きな奴も、安売りなんかしてゐると、ついつい手を伸ばした。
 で、これがまたどういふわけか、買ふと安心してなかなか見なかつたりする。そんな中の1本に『暴力脱獄』があつた。

 ポールニューマン主演だ。
 これは見なければいけない時がきた。

 ので、見た。

 これは、とつても判り易い内容だと思ふけど、深い想像力を必要とする映画だとも思ふ。1967年の作品で、某はまだ映画ファン以前だつたので、後年テレビで見た。
 繰り返すが、難解なわけではない。考えたくなる映画なのだ。
 ポールニューマン扮するルーカス(愛称ルーク)の表情がさうさせる。原題は『COOL HAND LUKE』どこか不可解で親しみのある不思議な表情だ。

 ポールニューマンと言へば『明日に向かって撃て』や『スティング』が、有名だが、某は、この不可解な表情が雰囲気を醸し出してゐるこの作品や『太陽の中の対決(HOMBRE)』なんて作品を思ひだす。
 もちろん『動く標的』『新、動く標的』は……、と、タイトルを上げていつたらきりがない。
 83歳。
 失礼ながら、ほどよくお迎へがきたのではないでせうか。

 写真は『太陽の中の対決』のサントラCDです。
 本当はカラーね。『大いなる男たち』とカップリングなのだ。

 で、思ひ出すと言つておきながら『太陽の中の対決』はDVD化されてゐるけど持つてゐないし、とりあえず買はうとも思はない。
 だけど『動く標的』と『新動く標的』ついでに『マッキントッシュの男』なんか見つけたら、買つちやうかも知れないぞ!
 と、思ひつつ、今、調べたら3つともDVD化されてないみたい!
 ホンマかいな……つ〜か、つくづくマイナー趣味?

コメント

_ H野 ― 2008年10月01日 22時35分04秒

ニューマンの中でも凄く好きな作品です。
ニューマンの子供っぽい笑顔や、
ゆで卵のシーン、ミラーのサングラス
雨の教会。ジョージケネディの叫び声・・・
ああ、また一人、映像の世界へ引きずりこまされた
張本人がお亡くなりになられた・・・

_ H野さま ― 2008年10月02日 19時46分50秒

忘れてたんだけど、ハリーディーンスタントンがギターを弾いて歌つてたり、デニスホッパーがちょい役で出てました。

_ H野 ― 2008年10月03日 22時08分14秒

デニスホッパーは気がついてませんでしたー。
車の洗車グラマーねえちゃんはこの作品だったかな
あ?

_ H野さま ― 2008年10月05日 19時25分27秒

洗車グラマーねーちゃんはこれです。
他にもあるとは思ひますが。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック