洗脳と拷問について2008年10月02日 18時59分50秒

ガラス越しのヤモちゃんの足(撮影おかぴ)
注意1)タイトル内容とは無関係です。
注意2)オリジナル写真には全身が写つております。

 昨日10月1日、お出掛けついでに池袋の西武デパートへ行つたら、ライオ〜ンライオ〜ン……とひたすら繰り返されてゐた。
 某はこのリピート流しが苦手である。
 それはもう大音響で一分の隙もなく(いちぶのすきもなく。いっぷんぢやないよ)敵に考える余地を与えず(!?)容赦なく降り注いでくるのだ。
 普段野球の勝敗などになんの興味もないが、これで、西武ライオンズが優勝したらしい事はわかる。
 靴を買つたら一割引だつた。(一割とはしけてる。リーグ優勝だなと思ふ)靴の事はともかくとして、デパートの従業員はこれを一日中聞いてゐるのかと思ふと、恐ろしいものを感じる。
 『時計仕掛けのオレンジ』で、非行少年の更生のために逆療法(?)で、暴力やセックスに関する映像をひたすら見せるといふシーンがある。これは治療といふ名の拷問シーンで、その光景を見てゐるだけで、辛かつたものだ。そして、この療法にはおまけがついてゐて、映像だけでは退屈だらうから(?)といふ、研究者の好意で、BGMにベートーベンが流れて(リピートされて)ゐたのだ。この被験者(患者?被拷問者?)は、本当は好きなのに、その後、ベートーベンを聞いただけで吐き気をもよおす様になつてしまうのだ。
 あなおそろし……。
 リピートには人間を壊す能力があるのだ……。
 と、これは映画でのお話だが、某は極めて現実的に繰り返し療法の凶悪さを感じる。
 ライオ〜ンに関しては、デパートに入つた瞬間にその因果関係が、素早く想定できたので(ライオンズが優勝した。だから西武系は大騒ぎなのだ。これはお祭りだ。客のためなんだ。そうなんだ)敵と対峙して緩和する姿勢を取る事ができた。
 おかげで大事に至ることはなかつた。買つた靴が微妙にびみょ〜〜〜に合はなかつたのだが、これは、昔からよくあつたことだ。リピートのせいではない。
 しかし、油断すると大変なのだ。
 あれは、8月だつたらうか?
 場所は蔦屋だつた。ああ、さうさう。『ライアンの娘』を探しに行つたときだ。この店舗では見つける事が出来なかつたのだが、今思へば本当はあつたのかも知れないなんて思ふ。
 丸腰ではなかつたと思ふ。だが、予期すべき事を予期してゐなかつたことも事実だ。
 さう。扉を開けるとぽ〜にょぽ〜にょぽ〜にょぽ〜にょと超大音響で、一分いや、ナノ単位の隙間もなく繰り返されてゐたのだ。もう流れるなんてもんぢやない完全に充満してゐた。
 某はもう、はやく、はやく見つけなければ!と、必死に目を凝らしたが、だんだん焦点は合はなくなり、脳みそがゲル状に揺らぐのを感じ、踏ん張つてゐないと足元もおぼつかない状態になつて来た。そして、あれはなんだつたか……ジェットリとジェイソンステイサムの、つまり全然『ライアンの娘』とは思へない、マッチョな作品を借りてきたのだつた。
 店員は平気なのだらうか?
 人ごとながら心配になつてしまう。あの歌を聴いただけで吐きたくなるやうになつてからでは遅い……。
 今は、何が繰り返されてゐるのだらう……。