ニャーフロンティア2008年10月05日 19時18分37秒

 昔々、勇敢な白いご先祖様たちは海を渡り、初めての土地を蹂躙しながら、西へ西へと進みました。雨や嵐、いかなる苦難にも負けずに、挫ける事なく自分の都合を絶対に忘れず突き進みました。
 また、もっと前から土地にいた赤い人々が嫌がっても、屈する事なく、追い散らし、彼らが悲しんでも同情せず、目的のためには手段を選ばず赤い人たちの苦痛にひるむ事なく、ついに全土を制覇したのです。
 それはそれは、素晴らしい開拓精神でした。


 といふわけで、長きに渡り(たいして長くないけど)隔離政策に甘んじてゐたワビとサビがついに解放された!


 なんだお前たちはぎゃ〜〜!

 と、先住猫リン(10歳)は、気に入らなかつた。

 そして、長老12歳、体重推定8キロのクーは


 あまりにも悲しくて泣いていた。

 しかし、上陸をして自由自在の0.5歳


 ワビは、無邪気でなにもわからなくて傍若無人なのだった。
 逃げる時は素早く、でも、復活も素早く、熟睡も出来るのだ。


 好奇の目らんらん。
 てな感じで、悪女サビは、いつも何かを企んでゐるのだった。
 威風堂々?

 そんなわけで、ストレスいつぱいの先住猫二匹は情緒不安定な日々を送つてゐる。