さて、何から2008年10月08日 11時42分18秒

 今手元にあるDVDを確認してゐるのだが、DVDといふのは、書籍とは違つて、発売日とか書いてないのだらうか?
 丸C表記が、1995−2007とあるから(1995は公開年)2007年に発売したのだらうな。
 GONIN待望の初DVD化!!なのだ。
 GONIN/GONIN2/GONINリアルエディションの3枚組だ。凄いぜ、とか思ひつつ「リアルエディション」とか言はれると、では、あのとき映画館で見たのは「まやかしモノ」だつたのか?なんて思つたりして……。
 そのリアルエディションは、割とすぐに見た。
 それで満足したのか、例によつて「そばにあると見ない理論」で、そのままになつてゐた。
 だけど、夏頃だと思ふが、なんだか突然見たくなつて「GONIN2」を見た。
 「GONIN」は、男たち5人の壮絶な物語なんだが、「2」は、女たち5人+1の筆舌にしがたい出来事を描いてゐる。
 まあ、この偏狭な書き方でも判る通り、某は「2」が、より好きである。男としては「男5人」より「女5人」の方がそりゃあいいでしょ。
 って、そんな意見もあるかも知れないが「+1」を忘れないでいただきたい。それが緒形拳だ。
 どのみち筆舌にしがたいので(そもそもの能力とは言はない)書かないが、さういふことです。
 このDVDボックスには、超豪華なブックレットもついてゐて、石井隆の絵コンテなんかも載つてゐる。ジャケットはもちろん彼のイラストです。
 かなりいけてるボックスだと思ふが、結局まだオリジナルGONINは見てゐない。
 そんなわけで、比較的見たばかりなので、GONIN2はよしとして、それ以外だと、8ミリ整理週間(月間?年間?)の中に「魚影の群れ」があつたので、それを見やうと思ふ。
 今は、「デカローグ」全10本に挑戦してゐる最中だが、やはり何か供養せんといかん。


 突然、無茶な絵で恐縮だけど、これは「ぬらりひょん」のつもりです。
 昨年「(ウエインツの)ゲゲゲの鬼太郎2」のアクション部分といふか「ガシャドクロ」といふ骸骨のお化けに絡むシーンの絵コンテを描いた。
 描いたと言つても、概ねボツだつたので、あまり自慢は出来ないが、楽しい仕事だつた。ぬらりひょんを緒形拳がやると聞いた時はびつくりした。
 メイクは時間がかかつただらうし、大変だつただらうなと思ふ。渋いぬらりひょんを見る事が出来たが、心なしか疲れてゐる風にも見えた。映画はあれが遺作になつたのか?
 妖怪がラストとは……正式タイトルは「ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌」だな。

コメント

_ パパァ〜ん ― 2008年10月08日 19時28分45秒

さてさて、リマスター版マクロス7をポチッとな。したのに全然観る時間がなく・・・丸C表記見てないけど、若かりし頃のあみにょろさんは確認しましたよ〜。
ここだけの話ですが、アマゾンでは「DVD ~ アミノテツロー をあわせて買う 」になっていてちょっと面白かったです。

_ パパァ〜ん様 ― 2008年10月08日 21時21分54秒

なにやら問題があつたやうで、すみませぬ。
しかもリマスター版マクロス7をポチッとしてくれたとは、ありがたうございます。
で、なんですが、(未公開)のコメントは未公開のままにしておきましたです。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック