師走ライダー2008年12月17日 21時38分03秒

 では、どこへ行かうかといふと、特にない。
 しかし、寒いので、なるべく暖かいところがいいなと思ひ、闇雲に南へ向かう。
 第三京浜好きだし、12月のこともあらうにウィークデイの朝、混雑の環八を内回りして、いざゆかむ。
 なんとなく逗子でもいいかなんて思ひつつ、突然!
 千葉に見たい物があると感じる。びびび!?
 では、久里浜からフェリーだ!
 と、横浜横須賀道路をひたすら南下。
 ついでだから、ペリー公園なんて観光してみるか……と


 「ぺるり上陸の地」と書いてある。
 なんといふか、ただの公園である。
 バイクを止めるところもなく、ぐるりと裏側から入つたので、ますますその感が強かつたのだが……。


 これが記念碑なんだけど、遠景の煙突の煙と相まつて、なんだか終末感を漂はせてゐる気がしませんか?
 で、ここまで来て、これまたいきなり蘇る記憶。
 ここへは来たことがあるでないの!!

 といふことで、12年前1996年の同じ場所。


 みんな記念碑の土台に乗つかつちやつたりして……。
 ペリーに対してベリイフレンドリイなこの態度。
 因みに「北米合衆國出師提督伯理上陸紀年碑」と書いてあり、伊藤博文の書なんださうな。
 「紀年」です。
 まあ、なんつうか、こんな紀年碑を建てるつうことは、黒船の侵略に感謝してるつうことかね。
 いはゆる悲劇の地に建てるモニュメントではなささうだ。
 なので、横須賀あたりの人々は幼い頃から、北米合衆國に親しみを覚えつつ大きくなるんやろな。
 この公園がいかにも町の公園風なところが、それを物語つてゐる気がします。
 しかし、自分を振り返つて見ると、この12年で、北米合衆國に対する気分はずいぶんと変はりましたぜ。
 さらに、北米合衆國といふ単位でものごとを捕らへてはいけないのだなといふ反省までしました。
 記念碑に対する印象が変化するのもいたしかたない。
 いま彼の地に終末が……。
 なんてことは、どうでもいいや。
 本当に思ひだしたのは、こちらです。


 「久里浜ペリー祭」だ!
 ペリーさんあんときはようきてくださつたなの気持ちを今に伝へる!?大感謝祭????
 今もやつてゐるのでせうかこのお祭り。
 見ての通り、夏です。
 ステージに立つとるのは、もう解散してしまつたけれど「ハミングバード」
 野外ステージ大好き人間だつたので、このときもバイクを走らせて行つたのだつた!
 あの頃は多分、ホンダロードスター。
 久里浜、馴染みあるぢゃん。(来たのはこのときだけだけど)


上の写真は、多分司会の女性。

下は、新人アイドル?



この骨組みが醍醐味ね。
しばらく野外ステージ見てないな〜。
まあ、冬はつらいけど……。


海に見えるのはフェリーでございます。
「しらはま丸」と書いてある。
惜しい!
今回乗つたのは「かなや丸」だつた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック