満腹ライダー2008年12月24日 20時33分50秒


 ところで、かうして閑散としたデッキを眺めつつ、車両収納部に置いてきた愛車の写真でも撮らねばと思つたのだが。
 この「かなや丸」の車両甲板は1Fと2Fとあつて、バイクは1Fにワイヤーで固定されてゐる。
 これは、ヒマを持て余した単なる師走ツーリングではなく、あくまでも資料集めなのであると、自らをマインドコントロールするためにも、フェリーに固定されたバイクの写真は必須である。
 が、出港した後に最下部には入れないのだつた!


ひとことでいふとうかつ(一言で言ふと迂闊)である。
2Fは客室甲板と同じ階なので、見られるのだがね。
2台……。


この船内図に最下部車両収納デッキは、表示されてゐない。


ま、なにはともあれ、金谷到着。


 前回の報告通り、フェリーでカレーパンを食べたので、空腹といふことではなかつたのだが、この先どんな困難が待ち受けてゐるやも知れぬので、この先にあるレストラン(フェリー乗り場直結)で食事をすることに。
 この恐慌の師走に団体客がゐた!
 が、その一団も帰り支度の中、お昼時を微妙にズラした迷惑な客が一人やつてきた。
 しかも、怪しい風体で、観光客には見えない。かと言つて仕事で立ち寄つたとはさらに思へない。
 そんな不審なまなざしを素直に表現したウエイトレスさんが「食事ですか?」とやつてきた。
 「はい」と答えると「船の時間大丈夫ですか?」と聞く。
 親切である。
 来たばかりだといふことを説明するのは面倒くさかつたので「大丈夫です」と軽く答えると、メニューを出しつつ「もう決まってます?」と聞くので、実は迷つてゐたが「これにします」と『づけ丼』にしてしまつた。
 なかなかにこちらの心理を先読みした鋭い攻撃であつた(??)


 そしてこれが『まぐろづけ丼』だ!
 よく見れば、よく見なくても竹を割つたやうな性格の丼だ!?
 かぐや姫の代はりにご飯とづけまぐろが入つてるつて感じぃ?
 塩分控へめには少々味が濃いかも知れないが、美味。かにの味噌汁の風味がよか。と、超ありきたりなコメントをしつつ、腹ははもうパンパンである。
 この竹丼は、最後の方が食べにくいのが難点か……。
 でも、簀の子に乗つた竹丼は星3つ?


 と、さて、カレーパンとづけ竹丼で、苦しくなつた腹を抱えつつ、寒いな〜との不安をよそに結構暖かくなつた日差しを受けつつ、突然の目的地へ向かうのだつた。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック