新嘉坡一日目朝2011年07月30日 12時56分40秒

シンガポールに行つてきました。
仕事ですが、まだ内容は発表出来ません。
ただ、いままで日本で作ってきたアニメーションとは明らかに違ふ制作過程に挑戦することになりさうです。

このレポートが続けば、そのうちどんなものなのか判る日がくると思ひます。
自分としてはそれをのぞんでおります。


それから(※ 重要)

 ほんの3日半の旅行でしたが、向こうで日本のニュースはみておらず、豪雨は帰つてきてから知りました。
 新潟、福島のみなさまの思ひはかりり知れません。
 にもかかわらず、最初のレポートは「雨」です。
 本当に申し訳ない。普通なら、かういふとき業界の人間は自粛して差し替えたり、時期をズラしたりするのですが、個人のブログでありますし、影響力の差もありますから、ここから始めます。

空

 深夜に着き、一眠りした朝。空港で換金もしてをらず。街を散歩することに。
 で、空を見上げるといきなり怪しい雲が。
 後で、北方面と知る。ホテルの位置をきちんと認識してゐなかつたので、方向感覚も曖昧なままだつた。(その影響はとくにないが…)
 南国だからスコールが来るなぁ〜と、ホテルに戻る気にもなれず。
 何故か雲に向かつて歩く…。
 到着を迎へてくれた人(日本人だが、シンガポールとおそらく半々?ぐらいで住んでる)に「反対側には何もないよ」と言はれてたかも知れない。

そらに

 さうさう。これは現地時間午前9時ぐらいだつたかな。
 雨が降りますぜの雰囲気は置いといて、どう思ひますか?
 ちよつと判りにくいかもしれませんが、車が比較的少なく思ひませんか?
 まあ、日本と比べてといふことにはなりますが…。

歩道橋から

 歩道橋の花越しに見てみた。(歩道橋に花壇?がある)
 聞くところによると制限をしてゐるらしい。
 車は高価(!)だとか、そんな方法論も含めて。
 なので短い滞在中に渋滞にはあいませんでした。

あめ

 とかなんとか言つてゐるうちに、降つてきました。
 勢いはそこそこ。
 傘を持つてをりません。。
 ところでここは 218 Balestier Road(住所が道路名です)という場所で、読み方がむづかしい。バレスティリとか、バリスティエルとか、そんな感じだつた気がします。
 シンガポール東西真ん中やや東、南北真ん中やや南といふところでせうか。

アーケード

 ただ、雨が降つても、建物の1Fが歩道状態になつてゐるケースが多く。
 (アーケード?)概ね店の前だつたり(中のことも)して、少なくとも雨宿りは出来ます。この写真でわかりますかね?道の向こうは普通の歩道で屋根がありませんね。
 
信号無視?

 この女性、赤信号で渡つてるように見えますが、シンガポールの信号は、平均的に短いです。(残り秒数が表示されたりして安心感はある)
 ……でも、この女性は、無視だつたかな?

より

 もう少し雨が見えるかなと思つて、少し一部に寄つて見ました。
 まあスコールなんで、30分ぐらいでやむかなと思つてましたが、もう少しかかりました。少しでも、ホテルに近づいておかうと、濡れながら信号を渡つたりしつつ。
 さすがに横断歩道の上に屋根があるところはなかつた。
 偶然見つけた換金屋さん(なんたらトランスファーとかそんな感じ)をのぞいて、じゃぱにーずえん、しんがぽーるどるちぇんじ?みたいな感じで聞いたら、うんうんいうので、中に入り。なんか受付表みたいなものがあるので書こうとしたら「サー」とか呼ばれ(なんもいらないらしい)財布から大枚3万円をザンッ!て窓口に叩き付け(ウソです)さささのさと両替終了。
 雨もそろそろ…。
 
蒸気

 と、ホテルの反対側の建設現場。
 雨上がりの蒸気(!?)が、上がつてをります。
 シンガポールは建設ラッシュです。
 これからどうなつていくのでしょうね。

あおぞら

 蒸気の先に青空が見えてきました。
 これから、本格的に北緯1度?赤道直下の昼が始まるんでせう。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック