あの日の新嘉坡。その92013年01月15日 14時29分04秒

インターミッション?

 今回「あらしのよるに〜ひみつのともだち」を制作した3Dアニメーションスタジオ Sparky Animation。
 シンガポールでは3番目に大きいと言はれている。1番目2番目はアメリカ、イギリスの資本が入つてゐるといふことで、シンガポール独自のスタジオでは最大である。(注意:私が独自取材!により、同社スタッフより入手した情報。信憑性は、一緒に仕事をした仲間を信じるか否かによる)
 以前にも説明した通り、New Industrial Road にある Morningstar Center ビルヂング内にある。

 青いから目立つ。

 このビルの3F5F8Fにスタジオがある。(あ、他の階には行かなかったので…、確か7Fにもあったか…)

 ぼくが使はせてもらつた部屋は、3Fのこの辺にある。

 中から見ると湾曲してゐる部分はこんな感じ。

 8Fは、社長室、会議室、美術キャラデザイナー、モデリング担当などがゐる。

 8Fからの眺め。

 1Fには、食堂があつて(もちろん多経営。ほぼ1年の間に3回は様変はりした)小腹が好いた時によく利用した。
 これは、シンガポールの定番モーニングセットだ。(朝に食べたことはないけど…)
トーストと卵だ。
 写真では分かりにくいけど、日本で言へば温泉卵がシンガポール式。

 お皿の乗つてゐる青いカップがあるけど、そこには熱湯と卵2個ほど入つて渡される。
 5分待つて食べてと言はれたり、10分なんて言はれたこともあるが、自由です。
 人ぞれぞれのお好みですから。
 まあ、待ちきれなくて早めに出して食べちやいます。
 この写真は、がんばっちゃったときですね。黄身が結構固まつてますね。目玉焼きに見えなくもない。
 でも油使つてません。

 と、それはさてをき。
 昨年11月26日に都心のデパートでイベントがありました。
 デパートの名前は、すつかり忘れました!(おいおい)
 Sparky Animation が、イギリスと共同で作つてゐる「MR MOON」のイベントでした。
 アンパンマンショーみたいな感じ?(←尻上がり)
 おにいさん、おねえさんがたは、3人ともアングロサクソン系でした。
 やはり(といふ言葉が的確かどうか不明ですが)おねえさんは2名ともたくましいお姿でした。

 高いところに太陽ちゃんが現れて、

 スモークとともに月ちゃんおよび、星ちゃん登場。

 星ちゃんは2名ほどをりますね。兄弟でせう。(ほんとうかぁ〜!)


 太陽ちゃんが降りてきて月ちゃんとツーショット。

 全員でお別れ〜。子供たち大喜び〜。

 なんて様子をしつかりワンステージ見て参りました。
 ところで、この作品は日本では放送してゐません。


コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック