フォトでるも82013年05月14日 22時29分03秒

 さていよいよ「みぃ&ろいの横浜散歩』(なんのこっちゃ?)も最終です。

 暗くなりピント合わせが困難になりました。
 が、このところ結構楽しんでいたスレーブフラッシュごっこを、外でもやってみたいという野望があったので、実は携帯していたのでした。

 スレーブフラッシュというのは、フラッシュのスレーブモードという言い方が正しいのではないかと思いますが。
 つまり複数のフラッシュ(ストロボ)を使って、メイン(この場合、カメラ内蔵のフラッシュ)の光に反応させ、同時に光らせるというものです。
 まあ厳密に言うと、同時ではないと言うことになりますが、光ですからね。
 人間の目には同時だよと言っていいのではないのでしょうか?
 なんて、油断をしていると、機械とは怖ろしい。
 デジタルカメラのスレーブには意外な落とし穴があったりするのです、どんな落とし穴かは、もっと専門のサイトなどを調べて下さい。
 ちなみにぼくはオートは使わないとだけ言っておきます。
 下手なくせに見栄を張って「自動」に頼らないんですね…。

 お陰で失敗の連続です。
 何故かみぃさんのときは光らない(90%以上の確立でしたか?)とか、ろいさんのときは「ただの写真(?)」になってしまうとか、なんだかわからない展開です。

 倉庫のそばであの人たちなにピカピカやってんだろ?
 と、思われていたかも知れません。
 スレーブ2つ、本体1つで3つの光をピカピカやっていたわけですが、基本的には全部小さい至近距離用。
 夜間ライト撮影にはほど遠いです。

 だけど、なんとなくスパイ映画風(?)な気分になったかな。
 しかし、傾いてるな〜。
 あえて角度修正しなかったけど…。

 あとは白飛び気にせず、もろな感じで。
 まあ、撮影はこんなことも楽しいもんです。

そしてあらてめて、今回横浜案内をしてくれたみぃさん。
(アッパーに光が当たった貴重な1枚)

 ろいさんとぼくは「へぇ〜」なんて声を漏らしながらついてゆくだけ…。
 良いガイドさんでした。

 ………

 じゃなくて!

 プロフェッショナルなモデルさんです。
 これはなかなかわからないことですが、細かいちょっとした段取り(ホントに細かい事、例えば「手持ちのカバンを置くタイミング」とか、そんなことです)が、手際よくさすがだなと思いました。
 にしても、フラッシュがなかなか光ってくれなかったのは謎ですが……。

 その分(?)ろいさん光りまくり100%!?

 というところでまぶしく幕を閉じたいと思います。

「フォトでるも」またの機会に

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック