お伊勢さん参り「三百年」2013年10月30日 09時30分43秒

 なかなかお伊勢さんにたどり着けませんが、今回もまだ問屋街を散策。
 町の博物館というのがありました。
 博物館といっても、何かが陳列されているというよりは、存在自体が博物館なんですな。

 ん?

 意味が不明ですな。
 でも他に言ひやうもなく、ここは多分、本来はせともの屋さんなのでせう。
 だと思ひます。
 地図にはさう書いてあります。

 それから、陳列品もなくはないです。
 銅鏡なんかもありました。
 これ、かなり貴重なのではないかと思はれますが、無雑作に置いてありますし触れます。
 重いですぜ、昔の女性は力持ちだつたのでせうか?
 といふか鏡を使ふやうな女性には、鏡を持つ侍女が必ずゐたといふことでせうか?
 何れにせよ、力持ち…。

 と、まあ、それはともかく存在自体が博物館といふのは、
 そこに現役300年の蔵があるのです。
 築300年といふ言ひ方が正しいか…。

 二階へ上がると、床板一枚の厚さ!?
 下が見えますな…。

 歩く足に緊張感が走ります。

 現役というのは、この切り口とか現役っぽいですよね。
 何の作業後かはわかりませんが…

 とまあ自転車が置いてあったり、山のように瀬戸物の在庫があったり、スノボ、立て看、ありとあらゆるものが(!?)収められております。

 むやみに「保護熱」「保存熱」みたいなものが上がっていない感じがするところが凄いです。

 過去へジャンプするのではなく、時の流れそのものを味わえるわけです。
 理念的にはお伊勢さんのあり方とは、正反対を行ってるような気がします…。(※次の次ぐらいで多分…説明が、多分)

 などと、思いをはせながら…川の駅で休憩しましょう。

つづく

P.S.
 これトロッコのレールです。
 川港を運ぶ運ばれる物資を行き来させていたのですね。
 トロッコ自体もありましたが、それは現役ではありませんでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック