川の間をたどって82015年01月19日 22時51分58秒

第八回

 もうほとんど「川の間」のゴールは近い。
 まあ、ゴールが話の終わりというわけでもないのだが、それはそれとして、今回はたどり着く前に遭遇したものに軽く触れておこうかと…。
 思ったのだが…。
 「あ!これ!『川の間』っぽくない?」と気づいてしまったものがある。

 ヒヲウ戦記の制作から放映の頃だから、2000年ぐらいだと思うのだが、つまり前回(第七回)の頃って事になるが、ちょっと特殊(?)なアルバムに出会った。

 どんなものかというと、話はさらに遡ってマクロス7を制作している頃に戻る。
 音響さんの事務所に並んでいるカセット(!)の中に、浄土真宗のお経集というのがあって聴いてみた。
 おお!侮れないお経!
 …って、当たり前か!
 そもそも侮ったりするわけないでしょ罰当たりが!
 と、その辺は置いといて、中でも「正信偈(しょうじんげ)」というのが気に入って、ダビングして繰り返しよく聴いた。

 そして、一気にヒヲウ戦記のころ(幕末という意味ではないよ)神社仏閣その他気になることが増えた時に「そうだ!お経のCDってあるよな」とラテン以外に注目したのがお経であった。

 そしたら、いきなりこんなものを見つけてしまった。
「Gyo 行(Sutra meets Samba)」
 これは、つまりクロスオーバー、フュージョンの世界ってことじゃないですかね。踊りながらお経を聴く体験。

 と、お経のありがたさとサンバの熱気に身をゆだねながら一気にフォークダンスの世界に飛んでみます!?

 アイルランドのアコーディオン弾きシャロンシャノン(Sharon Shannon)にも触れておきます。
 これは「川の間」ではなさそうですが「Renegade」というアルバムを繰り返し聞いた時期があるので…。
 シャロンシャノンという人は、主にトラディショナルな音楽を演奏する人で「フォークダンス」と書いたのは、そんな感じと思っていただければいいなと思って書きました。子供の頃フォークダンスが好きだったという意味ではありません。
 ただこの「Renegade」というアルバムタイトルは訳すと「裏切り者」「背教者」ということです!
 つまり自分が歩んできたトラディショナルの世界から、はみ出して作ったアルバムってことらしいです。
 でも、過激なタイトルからは想像も出来ない心地よく楽しい一枚です。犬も歌っているよ!
 多分、そんな「優しい反逆者」みたいなところに惹かれたのだなと思います。

 そして、わざわざアイルランドに飛んだからには、アイルランドつながりがあったりして、2008年に過激なアルバムに遭遇。
 アルバムは2006年に出ていたみたいで、すでに人気もあったようですが、私は気づくのが遅かった。
 HMVで試聴して即買いです。
 アコースティックギターのデュオ、ロドリゴとガブリエラ(Rodrigo Y Gabriela)です。
 あ、アルバムタイトルも「Rodrigo y Gabriela」
 ホント、初めて聴いた時は二人だけとは思いませんでした。
 この人たちは、メキシコの人たちで、元々ヘビメタバンドを組んでいたのですが、デュオになって、何故かアイルランドで活動していたという活動がすでにクロスオーバーしている二人です。
 ヘビメタをやっていただけあって、ロックのカバーも多くやっていますが、フラメンコと合体した作風、ガブリエラのギターボディパーカッションによるアンサンブルで、身体を揺すらずにいられない。(体力を消費します)
 消耗覚悟で来日コンサートにも行きました。
 感想は、ガブリエラは可愛いです。(おいおい)
 これホント、ジャケットの写真よりずっといいです。(話し方もあるけど…)
 と、音楽とは関係ないことを言いつつ、ロドリゴの音楽追求はやまず(こじつけだけどフュージョン精神ね)2012年に「Area 52」というアルバムを出します。
 これはキューバのオーケストラとのコラボレーション。
 アコースティックギター弾いてきたところへ、ピアノ、ブラス、ストリングス!
 アコースティックギター叩いてきたところへ、本物の(!)パーカッション!
 初期(アイルランド時代?)にシンプルなバイオリンとのセッションもあったんですがね、このキューバンサウンドにはやられました。くるところに来たぜって感じ…。融合に融合を重ね、どこまでいくのでしょうか?

 つづく

久々にP.S.
Rodrigo y Gabriela「Wish you were here」(←ピンクフロイド!)
Youtubeでこれを見つけた時には、震えました。
ロドリゴとガブリエラはギターデュオで、歌は歌わないのですよ。
歌っているのは観客です。
ロドリゴとガブリエラのライブで、観客がピンクフロイドの歌をちゃんと歌っているって、やっぱ凄いよ!
ちなみに私の行った日本公演ではやりませんでした。
さすがに日本人で歌える人なかなかいないよね。(実はその後、練習しました歌う機会ないけど…)

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック