雨の関ヶ原 前編2015年04月07日 10時58分17秒

 東京で「大関ヶ原展」なるものをやっている裏で、垂水、関ヶ原に行ってきました。
 雨だったので、多少予定を変更しつつまずは、垂水から
 竹中半兵衛の菩提寺「禅幢寺」
 といいつつ、竹中久作(半兵衛の弟)の墓から、
 この奥に竹中半兵衛の墓があります。
 時の流れのなすまま、風雪に耐えてきた姿と感じます。
 その放置感に気を惹かれてしまいましたが…
 現実的な問題として保護は大変なようです。

 禅幢寺の隣に八幡神社があるのですが、これまた突き放したかのような存在感でそこにいます。
 この階段下の脇から登山道があるのですが、雨が降っているのと、熊が怖いので断念しました。
(タクシーの運転士さんにも脅されました…)
 ので、竹中半兵衛の陣跡を過ぎ五明稲荷神社へ、
 松寿丸をかくまった…

 そして、いきなりですが関ヶ原に来て「決戦地」
 晴れていればレンタサイクルでとも考えていたのですが、タクシーで要所要所へ回る作戦に変更。
 娘が西軍びいきなので、主にそちら方面に。
 島左近陣跡。
 折角なんで寄りサイズで雨を強調してみました。
 そのまま石田三成陣跡へ登り、ぐるりと回って降りてくる。

 次は、島津義弘陣跡へ
 神明神社が見えます。

 さらに「開戦地」から、小西行長陣跡。

 と、一気に来たところで、つづく。