シジュウカラ2015/後日2015年07月31日 10時19分24秒

 巣立ってしまった…。
 今回はかなり密着取材(?)していたので、巣立ちを見逃したのはなんとも
自分らしい感じがした…。
 巣立った翌10日未明にもネコは来た。
 味をしめたというか楽しくて仕方ないらしい。
 かつてない豪快さで巣材がぶら下がっていた。

 さて、いつもは秋まで放置しておくのだが、今年は、あれこれあったので、巣箱をおろして、の中を見ることにした。
 おお、3つ卵が残っていた。
 巣立ったのと合わせて6個。
 数としては普通かな?
 この3つが孵らなかったのは、何故かな?
 おそらくだけど、
 温めている時期に、盛んにスズメが、ちょっかいを出してきていて、親鳥が外に出ていることも多かった…。
 そんなことも原因の一つではないかと思う。
 確かなことは判らない。
 また、他にも孵ったヒナはいて、ネコに持っていかれた可能性も否定できない。

 折角だからこんなことしてみた。

 この卵は、巣箱に戻し別の木に設置した。
 まさか、シジュウカラが戻って温めるとは思えないが、多分、夏の間にヤモリとかが来て食べると思う。
 問題は、次に巣箱をどうするべきかだな。
 ネコは手強い。登りにくい木を選んだとしても、彼らは登るだろう。
 ネコは、この日の昼にもやってきた。
 滅茶苦茶気にいっている。(巣箱を下ろす前です)
 箱の上にしっかり乗っている。
 見事だ…。
 これはムービーからのキャプチャなので、画像をクリックするとムービーも見られます。

 なので、まずは、切り立った乗られない屋根を作るべきかとも思う。
 異様にでかい巣箱になっちゃうな…とか、不安だけど。
 まあ、まだ考える時間はある。

 さて、最初のネコ襲撃の日、8日は、まだ心に余裕があったのか?
 手動写真を結構撮っている。(9日は1枚もない。心の動揺が判る)
 その手動写真(OLYMPUS E-420)を並べてお開きにします。

 こういう風に鳥が大きく映っているのはトリミング(切り取り)画像です。




 では!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック