フォトでるもⅦの32015年08月12日 09時29分54秒

 そして、ここがアインシュタイン塔。
 …とも呼ばれるところ。
 奥の方です。
 正式には「太陽塔望遠鏡」
 ドームが見えますでしょうか。
 これも、登録有形文化財。
 ここは、中には入れません。
 座り込み?
 苔に年季が入ってます。
 建物は1930年完成とある。
 というか、シュロがなんともいえない南国感(ジャングル感?)を醸し出している??

 そして、こちらが
 天文台歴史館(大赤道儀室)でございます。
 65cm屈折太陽儀式望遠鏡。ツァイス社製でございます。

 というか、
 今更ですが、雪鏡さんは謎の人です。
 本人はアマチュアモデルと言ってますが、どうなんでしょう…。
 ぼくも、くわしくは説明できません。
 が、この天文台歴史館で、面白い出来事がありました。
 歴史館というだけに展示物もありまして、その中にジオラマみたいな模型もありました。
 それを見て雪鏡さん「100分のⅠぐらいだな」とつぶやきました。
 え?そうなの?とか思って、よく探してみると1/100と書いてあるではありませんか!(雪鏡さんからは明らかに死角の場所に)
 ジオラマ内にある人間(作業員)の模型のサイズを見て判っちゃったようで、侮れないモデルです。
 本人は今、1/3に夢中です。
 …って、謎でしょ。
 ふっふっふ…、興味のある方、ツイッターなどやっている方は、雪鏡 登録3週目三日坊主回避を覗いてみてはいかが。
 ちなみにぼくはツイッターをやめてしまったし、雪鏡さんは登録3週間以上たってます。(どうでもいい情報ですが…)

 奥に見えるのは「レブソルド子午儀室」
 1925年(大正14年)建設。

 おっと、服着替えてる…
 は、おいといて、これは「ゴーチェ子午環室」の側面。
 1924年(大正13年)建設!
 建物巡りだけでも楽しい場所です。

 つづく。
 次は、また夜の部にでも…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック