フォトでるもⅦの42015年08月13日 12時01分27秒

 またちょっと間を飛ばして夜の部のつづき。
 場所は、都内近郊。
 実は今回明らかな敗因があって、用意したレンズ3本の絞り開放値が、2.5、2.8、5.5!というラインナップ。まあ2.5、2.8ならある程度いけると思うのだが、5.5はねぇ〜。
 これは、2.8。
 のはず…。
 ここは、光が比較的ある場所で、ただしオレンジライト。
 色温度調整はしてませんの。
 まあ、オレンジに転がった写真はそれはそれでいいとは思うのだが、なんか物足りない…。
 モノクロにすると、なんか落ち着く…。

 と、モノクロ加工に傾いちゃったんだけど、
 それはそれで困るというか、
 どうしたもんでしょ?
 上がハイコン、下が割りとそのままなんですが、なんでもありになってしまいますね。明確な好みがあればいいのだけど、優柔不断なので…。
 だからなるべく撮ったままがいいので、光を求めるのだけど、
 光があればいいというのものでもない…。
 ここは高架の下。
 ライトが並んでいますが、そこそこ高い位置。
 うまく当たればOKですが、
 高架の下面を写したいなんて欲求に開放5.5の広角レンズでアプローチすると、顔はもちろん逆光ですわ。
 ちなみに、これ雪鏡さんの欲求。
 そして、本人、自分が逆光になること気にしない。むしろ喜んでいる感じ。
 さらに、これコントラストもないので、モノクロにしづらくて露光を強引に上げてみました。
 どっちがいいのだろ?
 その昔、写真がフイルムだった頃、同時プリントで焼いた写真と、焼き増しで焼いた写真で、全然明るさが違った経験ありませんか?
 フイルムから印画紙に焼き付ける時間、現像液につけている時間で写真は変わるんですよね。
 そんなことを思い出しました。
 まあ、加工を始めるとキリがないというお話し。
 これなんか、光がちゃんと当たっているから見やすい。
 露光の引き上げ感も、さほど無理がない。
 多分モノクロにしてもいけるはず。
 と、まあ、暗い場所で撮影を続けた考察(!?)をして…。

 折角なので(?)
 変顔特集…で、今回締め、

 また天文台へ戻る予定で、
 つづく。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック