フォトでるもⅦの72015年08月16日 10時36分03秒

 さて「7」まで来てしまいました。
 …って、折角「Ⅶ」まで来たので「7」までいこうという意図的な事でした。なんとなく縁起がいいのではないかと…?
 3つ並ばないとあまり意味は無いのかも知れませんが…その昔、大昔「サンセット77」という米国のテレビドラマがありまして、内容は全く覚えていませんが、主題歌の「セブリセブン〜サンセット」というフレーズが印象に残っております。これ以上はないぐらいの余談ですね。
 さらにだめ押しに付け加えると正確な歌詞は「Seventy-seven Sunset Strip」ですね。「Seventy-seven」が「セブリセブン」は良いのかなと思いますが、「Sunset Strip」が「サンセット」だけでは足りませんね。「strip」が1音なんですね。「サンセッストリップ」ぐらいでしょうか?
 これが聞き分けられる子供だったら、英語が出来るようになったのかも知れません(?)

 と、昼の部でしめたいと思いますが、国立天文台の敷地内に「星と森と絵本の家」という施設があります。
 旧1号官舎という大正時代の建物を残してあります。
 写真撮影OKなので、撮りまくり。
 雪鏡さん得意のしゃがみポーズ。
 …1枚目もしゃがんでましたね。
 広角レンズの出番みたいな感じ。
 とか、いい気になっていたのですが、
 ふと考えると、閉館時間が近い。
 判ってはいたのですが、外だけでも回りきれず…
 (この裏側になる玄関前の写真無し)
 気分的にはポートレートを撮っているような気分に…。
 え?そうじゃなかったの?
 という疑問もありますが…。
 あくまでも撮影ごっこのスナップ写真でして…。

 そんなこんなしているうちに、折角、建物内でも撮影OKなのに…。
 時間切れ…。
 時間配分は考えないとね。
 ということでした。
 この季節、サンセットまでにはまだ時間がありますが、閉館です。

 では、撤収。
 あ、ちなみに官舎内の見学時、手荷物は入り口のロッカーに預けるシステムでした。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック