出雲路 32013年02月24日 11時30分10秒

 ということで一畑電車をたどる旅は、川跡から次の駅大寺へ向かいます。
「とまれみよ」ってね〜。

 見通しはいいです。
 手前の道路は、自動車が走ってない時を狙って撮ってしまいましたが、そこそこ走ってます。
 線路を渡るより、道路を渡る方が気を使う。

「てっちゃん」ではないけれど、やはり線路フェチかもしれないな…なんて思ったりもして…。

やはり線路はロマンですよ。

って、じゃーん!
 個人情報保護のため加工しちゃいましたが、線路で遊んじゃいけないとか怒られたら御免ね。

 ところで時間帯がそうだったのか下校途中の生徒たちと時々遭遇しました。
 そして、すれ違った全員。
 全員だよ。
「こんにちは!」と挨拶をくれました。
 なんだかよくわかりませんが、元気が出ます。
「こんにちは」というこちらの返事もだんだん大きくなったりして、最後の方にすれ違った子はびっくりしたのではないか?
 なんだこのおっさんやけにでかい声で!?って…

 ま、とにかくここが大寺です。
 自動車が本路沿いに停めてありますが、電車が出る頃には出ます。
 この踏切には遮断機があります。

 電鉄出雲市行きが来ます。
 これには乗りませんから、ホームの反対からでも安心(!?)

 そして、お見送り。
 ちょっと曇ってますね。(いまさらですが)

 ここで再び電車に乗ることにしました。
 で、ここは一気に。
美談(みだみ)読めないよな〜。

旅伏(たぶし)
 こんな風に各駅に出雲神話らしき絵が飾ってあります。
 ○○中学、美術部とプレートが貼ってありましたが、東京の誰それみたいなものも見かけました。

雲州平田(うんしゅうひらた)
 ここは車庫もあるし、大きな駅です。
 と思ったら一畑電車の本社があるらしいです。
 迷いましたが素通りすることにしました。

布崎(ぬのざき)

湖遊館新駅(こゆうかんしんえき)
 いままであまり意識せず判りやすいと思って、電鉄出雲市駅など「駅」と無造作につけたりしましたけど、駅名として正式に「駅」がついてゐるのはここだけですね。正確には「新駅」ですけど。

 次の駅のプレートを見ると間違いない。
 下が白いです。新しく作った駅なんですね。
 以前はここに「ぬのざき」と書いてあったということになります。

 ということで(?)園(その)でまた降りることにしました。
 次の一畑口(いちばたぐち)まで歩くことにします。

 で、つづく。

出雲路 22013年02月22日 21時04分30秒

 一畑電車(いちばたでんしゃ)をたどる旅。

 で、まずはひとつ説明しておきたいことがあるんだけど。
 この一畑電車というのは、映画「RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語」の舞台になんである。
 タイトルから察するに舞台どころかテーマそのものなんだろう。
 映画を見ていないので、不確かなことは書くべきではないと思うけど、多分そうではないかと思う。
 まあ、そんなわけなので、一畑電車をたどるかぎり「RAILWAYS」という文字はいやでも目につく。
 なんだか言いぐさがいささか否定的な雰囲気を醸し出してゐるように受け取られるかも知れないが、一畑電車に罪はない。
 ただ一生懸命カメラを向けてゐる姿を見た人たちが「ああ、あのおぢさんは映画を見て感動して、やってきたんだな」と思われてゐるかも知れないと思うと、ちょいと複雑なのだ。
 この言いぐさもまた見てもゐない映画にケチをつけてゐるように受け取られるかも知れないが、映画にも罪はない。
 まあ、そもそも気にしても仕方が無いことなんだが…。

 と、そんなこんな、まだいくらも歩かぬうちに電車がやってきた。
 出雲市行きだ。

 と、さらにチュインキュインチュインキュインと、レールの響きが離れたところから加わって聞こえる。
 おお!
 あそこにも(出雲大社前行きの)線路があったんだ!
 ほぼ2台(あ、しまった「台」じゃなあいよな…)立て続けに巡り会ってしまった。

 これはどういうことかというと、次の川跡(かわと)駅は、分岐駅であって、つまりさっきまで乗っていた「松江しんじ湖温泉行き」と「出雲大社前行き」と「電鉄出雲市行き」の3路線が合流する駅なのだ。(3路線という言い方は間違いかも知れないが、とりあえず説明のため勘弁願いたい)
 上の写真の線路の流れを見ていただければ合流しそうな感じがわかるのではないかと思う。

 これは翌日の写真だが、
 こんな風に3車両並んだりするわけだ。(毎回並ぶかどうかは定かでない)
 本来単線の一畑電車だから、こんな風に居並ぶのはなんだか豪快だ。
 3種類並んでゐるのがまたうれしい。

 この駅員さんのアイコンタクトで、慌てて乗りに走った。
 観光客が写真を撮るのは構わないが、ダイヤを乱すわけにはいかない。
 急がないと電車が出ちゃうよということだ。

 で、実は、危うく電車を間違えるところだった!
 ちょっとドキドキした。
 間違えたら帰りの飛行機には間に合わなかったから…

 こうやって反対を見ると、向かって右側が「出雲大社前」方面。
 向かって左側が「電鉄出雲市」方面。

 駅には最大4車両並べることが出来るわけだが、3方向にしか進めないから並べても仕方が無い(?)

 電鉄出雲市駅から来た電車がホームに入るのを待つ人々。
 安全のためホームの間の踏切が閉まります。
 あ、踏切というか、駅員さんの手動ね。

 と、こうして武志駅から川跡駅まで一駅歩いたのだが、次の電車が来るまでにはまだ時間がある。
 待つのはもったいないので、もう一駅歩くことにした。
 ダイヤから判断するとこの一駅間で電車に遭遇することはない。
 遭遇するというか、もしも抜かされちゃったらちょっと悲しいことになるが、武志から川跡までの徒歩所要時間を考えると、まあ大丈夫だろう。

 ということでつづく。

出雲路 12013年02月20日 20時18分56秒

 ちょっと出雲大社へ行ってきた。
 その昔、本殿が世界一だか日本一の木造建築だったということが、印象深く気になってゐたのだ。
 世界一なのか日本一なのか曖昧なところがいい加減だし、現在はそのバベルの塔を思い起こさせるような建物がないことは確かなわけで、ホントに行きたいのかという疑問もわき起こるが、行きたいと思う気持ちは間違いなく有り続けてゐた。
 ただ「神社仏閣フェチ」というわけではない。
それほど強く行きたいという気持ちがあったのなら、もうとっくの昔に行ってゐるだろう。
 まあ、その程度のことなんだと思う。
 では、何故突然行くことにしたのかというと、某スタジオの新年会で「今年は遷宮の年」であることが話題になったからだ。
 伊勢神宮の遷宮と重なる珍しい年でもあるというありがたい(?)情報も得た。
 ま、つまり、この展開から理解いただけるかと思うが、普段から追跡調査(?)してゐたわけではなく、新年会で初めて知るぐらい深みのない意識だということだ。
 でも、切っ掛けというものは大事だ。

 だから、行くことにした。
 別に浅薄さを強調するつもりはないが、出雲大社が縁結びの神であるということは行くと決めてから知った。
 なにしろ空港の名前が「出雲縁結び空港」だから、驚いた。
 出雲大社には古い(古代)のイメージを持つてゐたので「縁結び」とは、なんだか意外であった。
 でもまあしかし、太古の昔から縁は異なもの味なものだったのだろう。
 自分が縁結びの神さんのところへ行くことは、なんとなく笑えなくもなかった…。

 それから、行くに当たってついでに観光してくるところはないかしら?
 と、あれこれ調べた。
 それこそ神社だとか古墳だとか「いにしへ」の旅も面白かろう。
 
 そして、めぼしいところを見つけ、移動手段を探してゐたら、とあるもの見つけてしまった。
 「もの」というのも変かも知れない。
 それは一畑電車というローカル線だ。
 以前にもこのブログで、自分は「てっちゃん」ではないと明言してゐるが、これはちょっと気になった。
 なので一畑電車ウォッチングをすることに決めた。
 移動手段を探していて、移動手段そのものが目的になったということだ。

 大昔に銚子電鉄の旅なんてことをしたこともある。
 ということで一日目は一畑電車、二日目に出雲大社ということにした。

 で、早速「出雲市駅」
 これはJRの駅舎です。

 一畑電車の乗り場は離れてゐるので注意が必要です。
 もちろん知らなかったから、ちょっと焦った。
 その焦りをとるためにJRの構内でそばを食った。
 割子そばとしじみ汁セットだ。
 出雲はそばで有名でもあるのだ。
 そういえばなんとなくそんな気がするという程度には知ってゐたようだ。
 しじみ汁は、やはり島根県に来たら一度は飲むべきだと思って頼んだ。
 JRの構内に比べると、一畑電車の駅構内はぐっとローカル感があふれる。
 ストーブがいいなと思う。

 そしてホーム。
 車両には、何故か水木しげる。
「のんのんばあ電車」と書いてあります。
 水木しげるは鳥取県出身ですが、のんのんばあがらみで島根県、一畑薬師に縁があるようです。
(これは、このブログをまとめるために調べました)

 車内。整理券システムですね。

 少しだけJRと並行してます。

 さて出雲市駅を出て3つめに「武志(たけし)」という駅があります。
 もちろん無人駅。
 ここで降りることにします。

 そう。
 ずっと乗ってゐてはウォッチングは出来ないんです。

 ホームに自転車置き場があるんです。
 驚かない?

 ここから次の駅「川跡(かわと)」まで歩くつもりです。
 電車は、1時間に 1本!
 往復あるので、1時間に2本遭遇するはず…。

 つづく。