川の間をたどって72015年01月13日 22時23分37秒

第七回

 それからというもの(!?※)
(※「それ」は第六回を参照のこと)

 HMV(主に渋谷)のワールドミュージック階(何回だかは忘れた)に行っては主に中南米を集中的に試聴しては、買い求めるという行為を繰り返した。

 そして、ミレニアム!
 2000年に3人+1人の歌手に巡り会う。
(巡り会うと言っても実際に会ったわけじゃないです。って、当たり前だけど念のため)
 先に(+1人)についていうと、別に補欠扱いするわけではないのだけど、なにしろジャケットが美人過ぎて、歌よりルックスになびいてしまうという不幸な出会い方をしてしまったというのが、主な理由です。
 単純に私がいけないんじゃん…という感じですが…。
 タリア(Thalia)というメキシコの歌手&女優です。
 「メキシカンポップ」というネーミングが似合う感じの華々しさが特徴。
(Thalia "Arrasando" 2000)

 で、残りの3人ですが、まずはメキシコつながりで、
 パウリナルビオ(Paulina Rubio)この人も歌手&女優で、実はタリアつながりでもあるというか、10代の時「Timbiriche」というアイドルグループにいて、タリアの方がそのグループのメインポーカルだたちょうです。(読み方は、ティムビリチェでしょうか?)
 共に卒業して大活躍しているというどこぞの国のアイドルみたいです…。
 タリアの方は、普通に綺麗な声(顔も綺麗…しつこい)で聞き心地がよいのですが、パウリナはハスキーを通り越して「ガラ声」です。だけど、いや、だからでしょうか、印象に残るんです。聴き応えがあるというか迫力があります。
 歌は、間違いなくポップスですが、なんか違うのです。思い込みかもしれないけど、「ラテン(メキシカン)」の香りがする。
 マリアッチとはいえないけど…、ただ「Pau-Latina(パウラティーナ)」と言うラテンを意識したアルバムも出してます。
(パウリナで一番好き。"Ananda" 2006)

 次が、シャキーラ(Shalira)コロンビア!のシンガーソングライター。
 結構長い間ペルーだと思っていたが、コロンビアがただしいらしい。ジプシーの家系だとどこかで見た記憶もあるが、間違いかも知れない。この人2000年だと23歳です。その2年前につまり21歳の時「Donde Estan Los Ladrones?」(泥棒はどこ?)というアルバムを出していて、ぼくが見つけたのはこれ。(スペイン語だと文字化けが心配なので普通のアルファベットにしてありますが、Dónde Están Los Ladrones?が正しいです)
 当の2000年にはライブ盤があり、これも買っちゃったけど、話し声は可愛いのだけど、歌うと独特の響きが加わり、その「変声」に思わず引き込まれる。似た声があるはずなんだけど、未だに思い出せない!
 曲調も「豊富にエキゾチック」スパニッシュだったり、アラブ系だったり、それも、模倣でなく身のうちから出てくる感じが伝わります。もちろん意識してやっている部分もあるでしょう。その後、アフリカンミュージックをとりこみ消化することにも成功しています。と、思います。

 パウリナ、シャキーラとスペイン語圏ですね。
 その後、二人とも英語の歌詞を歌い始めます。
 タリアは、すでに英語の歌を歌っていたようですが、スペイン語圏から英語圏への進出は考えるものなのでしょうね。
 私は、語学力がそもそもないので、音色として聴いている部分が濃いと思われます。
 どうしても「ラテン」にこだわる身としては「スペイン語の音色」が英語に変わった時に、何かが「落ちた」感じがして、違和感を覚えました。『なんか違うんだよな…』という感触の問題です。
 なので、彼女たちの英語の歌は、それほど好きにはなれませんでした。
 パウリナはその後、あまり英語にはこだわらないようになりました。(あくまでも想像ですが)
 シャキーラは、こだわり続け英語圏侵略に成功します。凄いなと思います。
 その間のアルバムはともかく、侵略したあと(私の勝手な判断ですが)のアルバム「She Wolf」(2009)「Sale El Sol」(2010)は、見事としかいいようがない。Sale El Sol は太陽は昇るでしょうか?前向きです。
(2007年にビヨンセとデュエットしてますが、私はビヨンセを知りませんでした。←本当)
(Shakira "Sale El Sol" 2010)

 さて、そして、南米の音楽業界が意識しなければならない大事な国はポルトガル語圏のブラジル。
 3人目は、ブラジルからマリーザモンチ(Marisa Monte)本当に発音はモンチなんだろうか?
 モンテだと信じてたんだが、英語読みなのかな。
 最初に聴いたアルバムタイトルは「Memórias, Crônicas E Declarações De Amor」文字化けしてますかね?
 このまま英語風アルファベットにすることが困難なので、英語訳すると「Memories, Chronicles and Declarations Of Love」
 なんか大人っぽい感じしませんか?
 パウリナより4つ、シャキーラより10歳年上です。(ま、歳はどうでもいいんだけど…)
その声から感じるのは「賢さ」「落ち着き」「優しさ」(癒やしとか言わないよ。あえてね)
 ソフトでハスキーでマイルドな声。だけど、声量はものすごく、遡って1988年のライブアルバムを聴くとびっくりするほどパワフルな歌声です。そこの深さを感じるというか…。
 彼女の歌はジャンルとしては、MPB(Música Popular Brasileira)だということです。古典的(?)なサンバ、ボサノヴァに対して、新しく生まれ育ったポピュラーミュージックということでしょうか?
 だけど、彼女の中に古典(?)はあるんじゃないかなと感じます。
(Marisa Monte "思い出、クロニクルと愛の宣言" 2000)※直訳

 と、マリーザモンチの良さは置いといて、その後、スペイン語圏の音楽にどんどん引かれていくというか、ブラジルという音楽大国に探究心がわかなかったのでしょうか。開拓されません…。
 マリーザモンチも2006年「Universo Ao Meu Redor」「Infinito Particular」の2枚のアルバムを出して以来、新しいものはないような気がします。

 なんにしろHMVワールドミュージック階通いは続く。

つづく。

川の間をたどって62015年01月09日 22時16分41秒

第六回

 1985年から、東京国際映画祭というものが催されるようになった。
 初めは2年に1回催されていたが、1991年から毎年行われている(筈)(略してTIFFというらしい)
 協賛企画として、東京国際ファンタスティック映画祭というのも同時に(協賛だもの)開催されていて、これがまた楽しい映画祭だったが、調べたところ2005年を最後に行われなくなった。
 映画好き催し物好きだった私は、足繁く通い、朝から晩まではしごした。
 東京国際映画祭のいいところは、例えばスリランカであるとか、ボリビアであるとか、カザフスタンとか、普段中々お目にかかれない国の映画を見ることが出来ることだ。
(なんだけども…。TIFFの公式サイトらしきところを調べてみたら、アーカイブに映画のタイトルと、スタッフ名などはのっているが、制作国名がない!これは「映画に国境はない」ということなんだろうか?あるいは、無くなってしまった国があるから、乗せられないのだろうか?よくわからない…謎である)
 また、東京ファンタはB級映画好きにはたまらない作品群が多数並び、それがパンテオン(今はもう無い映画館)の大画面で見られるという素敵な映画祭だった。第2回で上映された「モンスターインザクローゼット」は日本上映用タイトル募集をしていて、もちろん応募した。「暗闇の悪魔」という何故?というぐらい真面目なタイトルに決まってしまったが、私の出した「勝手におしいれ!」というタイトルは、残念賞みたいなのをもらった。(いや、何ももらってないけど、名前がのった)

 と、なんだか本来の「川の間をたどって」から大きく外れてしまった。
 全く別の流れになってしまったかのようだ。
 前置きが長くなりすぎてしまったのだ、それほど夢中になった東京国際映画祭だが、最近はとんとご無沙汰だ。
 最近というか、昨年が第27回というから驚きだ。私は多分第10回以降、1〜2回、しかも数本みたぐらいだろうか…。
 まあ、あきちゃったのか…。行かなくなり始めは多分忙しかったのだと思うけど、ちょっと離れるとさらに遠のくものであるね。
 ピークは「モンスターインザクローゼット」の第2回だろうね…。って、早すぎるだろ!って感じだが、第2回には、東京国際映画祭協賛ではない、東京国際ファンタスティック映画祭ですら「非公認(!?)」の「死霊の盆踊り」が、公開された時でもあるのだ。映画館の名前忘れちゃったよ…。大昔「全線座」があったあたりだと思うんだけど…。もちろんさすがに小さめの映画館。
 見たよ。
 つまりあの映画を映画館で見た数少ない人の一人だよ。

 と、まずい!
 本筋に戻れなくなってしまった。
 というか、まだ始まってない!

 さてさて、先ほど第10回以降と書いたが、それは、第9回に覚えがあるからなのだ。(第10回は、見てないと思う)
 そして、これも先に書いたとおり「普段見られない国の映画が見られる」という前提を念頭に置きながら…。
 第9回(1996年)「フェティッシュ(Curdled)」を見た。
 先に書いちゃうとこれアメリカ映画です。確かに冷静に考えれば作りがアメリカ映画、少なくともコロンビア映画ではない。
が、南米のどこかの国の映画(かなりの確率でコロンビアの)だと思っちゃったんだよね〜。

 これ内容もいいんだけど、とにかくサントラがいい!
 ラテン音楽のオンパレードで、1曲目の「Cumbia Del Sol」から、魂乗っ取られます。(クンビアはコロンビアの音楽)
 何度リピートしたかわからない超絶愛聴盤。
 それだけでなく、これで、長い間眠っていた(?)ラテン音楽愛好の血が復活してしまったのだと思います。

 とはいえ、書いたとおりアメリカ映画だという認識も希薄だったために、その後の展開がややこしくなります。
 1曲目、もしかしたら一番好きな曲かも知れないその曲を歌っているのは『The Blazers』というバンド。
 当時よく利用した渋谷HMV。探すとすぐに見つかった。
 だけど、それはアメリカのロックンロールバンド!
 いやあこれは違う。同じ名前の違うバンドだ。と、思ったのだ!
 「アメリカ」という単語が頭から除外されていたためにそんなことに!
 初っぱなに「クンビア〜」と叫ぶし…。スペイン語で歌ってるし…。
 しかも、ホントのホントの最初は「クンビア〜」が「コロンビア〜」って聞こえてたし!!思い込みってなにさ!?
 この重大な間違いに気づくのに15年かかります(本当!)

 ともあれ、ともかく、このアルバムに収録されているアーティストたちの曲を探しまくる日々がきます。
 ざっと名前を挙げると、
Rosana ホザーナと読むらしい。
    スペインの歌い手だけど、ブラジルにも同名の歌手がいる。
    見つけたのはそっちが先。
 (違う方。ブラジルのRosana)

Slash(スラッシュ)は、ガンズアンドローゼズのギタリスト。
  ポリスのアンディサマーズにしても、
  腕のあるミュージシャンはいろいろなものに参加しているから
  不思議はないと思っていた。
Cafe Tacuba (Cafe Tacvba) uでも、vでも読みはカフェタクバ。
  あ、vだとタクヴァなのかな?
  メキシコのバンド、これは早期に見つけて未だに新譜が出てるし、
  今でも聴いてる。
  メキシコの歌は、なんか昔のムード歌謡を思わせるところがある。
  実際にメキシコの曲は日本に入っていてたんだと思う。
Joseph Julian Gonzalez この人が、映画「フェティッシュ」の音楽。
   BGM部分担当ってことです。
   アルバムでも、いい幕間になっていて心地よいです。
Pedro Laza Y Sus Pelayeros Yというのは&と同じです。
   このバンド探してない!かなり現地色が強い。
   ラテンラテンと言い続けている割りに、
   本場物を求めていなかったのか!?
La Integración これもだ!
   それとも探したけれどCD等が見つからなかったのか?
   多分Pedro Laza、La Integración は、コロンビアの人たち。
La Sonora Dinamita これも本場コロンビアの香り濃厚。
   録音がちょっと古い感じがする。
   HMVで国別に探していたとは思う。見つけられなかったんだ…。
Tulio Zuloaga これもそう。
   今、インターネットで検索しながらやっているけど、
   Youtubeで、あきれるほどあっさり見つかる。
   時代の変遷を改めて感じる。
The Latin Brothers これもコロンビアのグループだけど、
  知名度の問題なのか、HMVですぐに見つかった。
  でも、1枚で満足した様子。
Los Destellos これもコロンビアのグループ。見つけられなかった部門。
Marta Sanchez 読みはマルタサンチェスだと思う。
  スペインの女性ボーカル。
  この人のはジャケットがセクシーなんでつい2枚持ってる。

 ちょっと話がそれるけど、同姓同名のジャズピアニスト(スペイン)がいて「Lunas, Soles & Elefantes」というアルバムを出してる。同じ名前だというだけで買ったけど、ちょっと緊張感がありつつ、でも自由に揺れる感じが、心地よいジャズ。(トリオです)
(同姓同名の方。Marta Sanchez Trio / Lunas, Soles & Elefantes)

 ということで、羅列してわかったことは、大して追跡してないぢゃん!
 なので、ちょっと調査、計算してみた。
 おそらく「レッツ&ゴー」の劇場版を作っていた頃ではないかと思う。
 多分、忙しかったのだろう…、ということにしておく。
 ただこのアルバム(サントラ)が、私の超愛聴盤であることにかわりなく、また、The Blazers に対する勘違いは私の好きな音楽傾向を分析する上で(!?)かなり重要であることも間違いない。

つづく。

P.S.
Youtube で簡単に見つかった。
La Sonora Dinamita
「フェティッシュ」サントラに収録されている曲。11曲目。

川の間をたどって52015年01月06日 22時25分15秒

第五回

 今回は余談ぽく…。

 前回90年からDCの時代に突入みたいなこと書きましたが、80年代後半からじわじわと攻めには入ってます。
 気になったので、例によって記憶と資料を(インターネットだけではなく、手元も!?)探してみました。
 軽く調べたところ1987年3月公開の映画「バツ&テリー」のサントラ盤はレコードしかありません。
 これ、後に(至る現在まで)CD化もないという…ちょっと悲しい話でもありますが…。
 ついでに言うと私の監督デビュー作で、ビデオテープしか存在しません。
 LD化もDVD化も、もちろんBD化もなし!
 とまあ、いきなり自虐っぽい展開になってしまいましたが…。
(主題歌はスターダストレビュー、二つ折りジャケットのシングル盤。
 サントラ盤はレコードだけでCDはありませんが、主題歌の方はスタレビのアルバムとかに入っているのではないかと思います)

 それは置いといて。

 続いて1988年に放映されたミニコーナーアニメ「ドクター秩父山」
 これは、サントラ盤そのものが存在しませんね。
 ついでに言うとこれもビデオ化しかされてません。
 同1988年に発売された(ビデオテープLD同時発売だったはず…)「宇宙の戦士」
 このサントラ盤はCDです!(多分ビニールはなかったはず…です)
 これは「レコードは売れない」時代になったと考えていいと思います。
 ちなみにこの作品、DVD化もBD化もされてません。
 じ、自虐が続きますね。そんなつもりで書き始めたのではないのですが…。

 続く1989年から放映されたテレビシリーズ「アイドル伝説えり子」
 ホントはここから始めるつもりだったんですが、ついつい遡ってしまいました。(レコード→CDの真実を求めるためです!)
 これは、田村英里子さん(当時サンミュージック)とのコラボ(?)アニメだったのですが、デビュー曲「ロコモーションドリーム」のサンプルはドーナツ盤(つまりレコード)が届いたのですが、2曲目「好きよ」はシングルCDだったのです。
 発売日を確認すると「ロコモーションドリーム」が3月、「好きよ」は6月です。
 「好きよ」のドーナツ盤があったかどうかはわかりません。あくまでも届いたサンプルの差ですが、これは印象的だったのでよく覚えています。
 他のアイドルのことは知りません。だけど、私の中では田村英里子さんは『最後のドーナツ盤アイドル』なのです。
 (このことは、前にもこのブログのどこかで書いたかも知れません。というぐらいエポックメイキングな出来事!?)
 で、当のアニメーションのサントラ盤はCDオンリーです。
 ちなみにこの作品はとうとうBD化までたどり着きました!!
 やんややんや!
(これがドーナツ盤。スタレビのですが…)
(で、当時のシングルCD。参考のため緊急入手した1983年のジャコ!)

 さて、私本人はどうだったのでしょう?
 いつからCDに切り替えたのか実は余り記憶にないのです。
 CDは小さくて便利!と驚いたことは覚えているのですが、それが直接リンクするモノがない。
 初めて買ったCDも覚えてない。
 最後に買ったレコードは、泉谷しげる「吠えるバラッド」(1988)ではないかと思うのですが…。
 同年の「宇宙の戦士」はCDで聴いたはずで…。

 それはそれとして、自分で買ったCDは覚えていないけど、印象深いCDがあります。
 それは、このときすでに仕事机をCDの山にしていた演出がいまして(今は高名な監督です)音楽情報はこいつに聞けばすぐにわかるという奴でした。私の方が先輩だったので「なんかいいのないかよ?」と上から目線でときどき漁りに行っては横暴レンタルしてました!
 で、オススメされたのが『ジプシーキングス』
 血湧き肉躍るギター群団の迫力!
 男らしく突っこんでくる声!
 熱、土、時を越えた響き!
 フラメンコですが、ラテンの感触があって、そこに魂をわしづかみされた感じでしょうか?
 と、無理矢理「ラテン」に持って行くことはないんですが…。
 とにかく、あまりにも気に入ったのでその後(直後!?)制作することになる短編映画「SDガンダムの逆襲 暴終空城の章」に大きく影響が出ています!?

 その音楽情報満載の彼には他にもいろいろ教えて貰いました。
 ずっとインド系が気になってたので「何かない?」と発注すれば、即座に『ナジマ(Najima)』が出てくるとか、それはもう便利な奴でした…って。

 まあ、でも漁ってばかりではやはりいけない。
 けど、始めたかったCDは永久に思い出せないでしょう…。
 CDの時代。
 CDの特性は私にとっては「気軽」(値段的には変わらないんですがね…)
 気にはなるけど中々手を出さない「ワールドミュージック」へ気分が流れ始めます。
 アジアが気になっていたようではありますが…、
 数年後大事件が起こるのです。

 ってね。

つづく

川の間をたどって42015年01月05日 20時05分00秒

第四回

 今更のまえがき!?
 この「川の間をたどって」は、概ね行き着く先は決まっている。
 ちょっと興ざめかも知れないけれど、一体何故そこへ行き着いたのかということを探るのが目的なんです。
 だから、いろいろと省いていることもある。
 例えば持っているレコード(ほとんど捨ててしまったから「持っていた」だけど)の中で、泉谷しげるとピンクフロイドの占める割合が多いとこなどはスルーしている。(今書いちゃったけど)

 記憶を振り絞っているうちに、その当時の環境や時の移り変わりの渦にはまり込み、今回のテーマ以外のテーマがわき出してくるので、結構混乱気味だ。
まあ、それはそれでいいとは思うが、出来れば目的地へつきたいと思う。

 さて、前回は70年代後半にフュージョンの波にのまれたという話だった。
ラジオも聞いていた、レンタルレコードも利用した。
 そして、突然だけど1980年に「ふたごのモンチッチ」というアニメが放映された。
 多分、この頃、私はベータマックスを購入した。

 ビデオ録画の時代へ突入したってことです。
 別に「ふたごのモンチッチ」を録画するために買ったわけではなくて、私はこの作品の仕事をしていたので、記憶が重なっているだけです。
 主にコンサートの番組を録画しては見ていた。
 やはり演奏する姿が見られるのはいいやね。

 そして、1982年。
 Aurex Jazz Festival(オーレックスジャズフェスティバル)で来日したジャコパストリアスビッグバンドの演奏がNHKで放送された。
 この絶妙な乱れ感!?
 揃った時の圧倒感!!
 楽しすぎる賑やかさ!
 トゥーツシールマンス(ハーモニカ)がゲストで参加していていました。
 聴かせるところは聴かせますみたいな感じ。
 この録画したテープは超ハードリピート。(一昨年ビデオテープはすべて捨てました)

 まあ、つまり、虜です。(あなたのとりこシルヴィヴァルタン←意味なし)

 でもというか、実は、恥ずかしながらこの時まで知らなかったんです。
 ウェザーリポートというグループは知ってましたが、あまり聴いてなかった。。。
 そのベーシストだったわけですが、脱退してビッグバンドを率いて活動していたわけです。

 だから、元々のファンの意見や、いろいろな記事を見ると、来日の頃のジャコパストリアスはもうすでに『怪しくなっていた』というのです。
 この人、1987年に亡くなってしまうのです。35歳9ヶ月です。
 晩年は、薬物、アルコール乱れていたそうです。
 悲しいかな、死因はガードマンとの乱闘の結果、意識不明に、そして…ということらしいです。

 でも、私のジャコパストリアスデビューはここです。
 その後、遡って聴きました。その後も聴きます。
(90年代に入るとCDの時代になりますが、ジャコのCD出る出る!とんでもない音の悪いライブ音源とか、一体いくつあるの「ラスト音源」みたいなのが続々と発売されました。海賊版もあったかも知れません)

 もちろん、CD時代を待たずにNHKで放映された来日公演のライブレコードも発売されました。
 「Twins」という2枚組のアルバムなんですが………。
 何故でしょう?
 NHKで見た時のグルーブ感がないのです。
 ビッグバンドは、翌1983年にも来日して演奏します。
 私は疑っているのです。「Twins」は、こっちじゃないのか?…と。(発売日がわかってると疑っても意味ないのですが…)
 あるいは、1982年の別の日の奴なのかな、なんて勝手に思ったりもしますが、単に映像のあるなしの問題なんでしょうか?

 これは永遠の謎になりますが(!)私のこの満たされない心は、後のCDラッシュの時に「The Birthday Concert」というのが発売されて解消します。(多分1996〜7年)
 これは、来日の前年1981年12月1日ジャコの誕生日記念コンサートのライブ盤です。
 曲目は来日公演とほぼ同じ。
 「ノリ」も、私の知っているジャコパストリアスビッグバンド!
 これだよこれ!
 と、やっと心が落ち着いたのを覚えています。

 と、書き忘れていたことがありました。
 印象的なのはオセロモリノウのスティールドラムです。
 スティールパンというのが正式なんでしょうか?
 「カリブ海の島に流れ着いたドラム缶にカメの甲羅を貼り付けて棒で叩いて演奏した』というのが、どこでインプットされたのか、私のスティールドラム知識なんですが…。
 ほんとは違うようです。
 まさか、こんな誕生では動物愛護団体から苦情殺到だから歴史を変えたんでしょうか?
 トリニダードトバゴ(カリブ海!)の国民楽器だそうです。

 ほらね、
 今後少し物言いを変えた方が良いかも知れませんが「ラテン音楽」ですよ。

 つづく。

P.S.
ちょっと躊躇いつつ